小倉が小倉で小倉のために小倉らしく

第47回競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦は、小倉竜二(徳島77期)の優勝で幕。

今日は、朝から福岡空港へあきちゃんを迎えに出向く積りが、昨日急遽長崎へ戻らねばならず、朝イチで長崎を出発。
ところが、出発直後、あきちゃんからメール。
「寝坊して乗り遅れた~っ!1時間後の便に乗るので世露四苦!」との事。
ならば。と思いゆ~っくり走っていると、前方でハザードランプの嵐。
事故のため渋滞となり、結局到着時間は待ち合わせ時刻の3時間後・・・。あきちゃんスマソね。

高速道路をすっ飛ばし、向かうは北九州メディアドーム。
到着したのは、ちょうど4レースが発走した直後。
しかし。。。井上昌己(長崎86期)よ。。最終日だけしかも買ってない時だけ1着たぁどういう了見だぁ!
到着早々、失意のどん底に叩き落される。
もっとも、その前のレースも。3レースは、秋山智幸(大阪75期)と、今回乗れてた渡邊秀明(神奈川68期)、榊枝輝文(福島79期)、高城信雄(兵庫77期)の4車ボックスで巻く積りでいたレース。これがこぞって上位4傑でしかも13万配当とは。。む~。。。

打ち出したのは5レースからも、とにかく当たらん。。
10レースが自信の勝負レース。
渡邊晴智(静岡73期)の頭で。
稲垣裕之(京都86期)と、渡邊一成(福島88期)のやり合いを待っての、石毛克幸(千葉84期)の捲りに乗っての晴智狙い。
対抗は、腐っても小野俊之(大分77期)、それから手島慶介(群馬75期)、その後ろ、藤原憲征(新潟85期)。
この5車をどかんとボックス投入(但し、小倉競輪場は3連単のボックスって、3車までしか買えない前時代的競輪場なので、電話投票で5車投入。)現地では、晴智の頭からどどん!と。

神山雄一郎(栃木61期)!ヘタレレースやってんじゃね~よっ!!!この野郎!!

もっとも、買ってかが気がついた。「これ、神山のレースじゃん。」
あきちゃん隣で呆れ顔。
そして結果は・・・・・・稲垣の残りは買えん・・買えんぞ。。

そういうわけで迎えた最終11レース。決勝戦。
このままでは、また負けて帰ることになってしまう。小倉が嫌いなバンクになってしまう。
何とかせねば。それよりも、隣でぼ~っと見てるツレにカッコつけたいのもまた事実。

最終レース、とにかく海老根恵太(千葉86期)の連絡みは確実と見た。
しかし番手が縺れそう。
市場の人気は、加藤慎平(岐阜81期)と、佐藤慎太郎(福島78期)が対抗独占中。そりゃGPレーサーだし。
で、さすがに地元らしく、吉岡稔真(福岡65期)から。
でも昨日の予想で書いた通り、慎平は所詮「追捲」の捲り。
なら最後まで脚を溜めてるヤツは・・・・・

昨日、ウラの本線として本線指定した買い目をメインで行く事に。
初日の12レース特選(BOX)、2日目の優秀競走(2~3着流し)、昨日の準決勝10レース(2~3着流し)と、とにかく今回お世話になった男が居る。
脚は充分取れる脚。吉岡なら、3半捲りなんて器用な真似はしない。あいつなら、必ず2角から捲りあげてくれるはず。そしてその男を、いいところまで連れて行ってくれると信じた。

最終2角。逃げるエビの番手は案の定大渋滞。後方まで引いた吉岡が仕掛ける。
その瞬間、座っていた私の周りの客が一斉に叫んだ。

「行けええええええっ!!吉岡ぁああっ!」

勿論、私も叫んでいた「行けええ!行けええええええっ!!!」
もっとも、2センターの他の方々は、吉岡の優勝を期待しての「行け!」。私のそれは全く思惑の違うものでしたけど^^;

2センター、吉岡が力尽きる。
なんか今日は、小倉が小倉らしく、自分のためにハンドルを投げてくれたような気がした。(超爆妄想)

その直後、携帯が鳴る。発信人は、末弟。
いつに無く、すさまじく真面目な低い声で「549だよね、549だったよね。」
「おう。549だったぞ。」「やった!取ったよ!!これで生活費が出たぜ!
おまえってヤツは・・・(T^T)。。おめでとう。

冷めた顔でぞろぞろ帰っていく2センターのお客さん。
そんな中、一人でわめいた。「小倉!おめでとうっ!!!」小倉はそれを聞き取って、大きくガッツポーズをして引き上げていった。

これだから、競輪やめられません。
c0044846_2291815.jpg
ミッション終了。4日間、お疲れ様でした。
今回はマギレではなく、マグレ多数で。ごめんなさい。
[PR]
# by hiroki_kuranaga | 2006-01-29 22:09 | 罵詈雑言

小倉G1-競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦- 最終日 11レース S級決勝

◆実質海老根の先行一車。活かせるか。それとも小倉の魔物に食われるか。(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順
×1 加藤 慎平 27 岐阜 81 S1 両 3.57 0.0 112.92 今回 予1, ダ4, 準1
  2 吉岡 稔真 35 福岡 65 S1 逃 3.57 0.0 111.37 今回 一4, 二1, 準3
○3 佐藤慎太郎29 福島 78 S1 追 3.62 0.0 113.87 今回 予4, 二3, 準2
◎4 海老根恵太28 千葉 86 S1 逃 3.64 3.0 109.81 今回 予1, ダ8, 準1
  5 小倉 竜二 29 徳島 77 S1 追 3.64 0.0 111.81 今回 予3, ダ3, 準2
  6 志智 俊夫 33 岐阜 70 S1 両 3.64 0.0 108.03 今回 一4, 二3, 準3
▲7 岡部 芳幸 35 福島 66 S1 両 3.64 0.0 111.84 今回 予2, ダ6, 準2
  8 佐々木龍也40 神奈 57 S1 追 3.57 0.0 109.90 今回 一1, 二1, 準1
注9 有坂 直樹 36 秋田 64 S1 追 3.64 0.0 110.97 今回 予9, 二3, 準3

【並び】16 25 379 48

1加藤「稲垣さんは山崎に合わされたと思ったので付いて行かなかったんですよ。サラ脚で捲ったのに、抵抗した山崎は強いですね。それと若手の面倒を見ている志智先輩と一緒に決勝に乗れたのも嬉しい。南関の3番手も考えたけど、決めず自力・自在に志智先輩とワン・ツー決まればと思っています。」-6志智「7番が邪魔になって慎平に付いて行けなかったが、結果としては良かったみたいで、武田に出られたら被るから自分でも仕掛けた結果が3着で決勝進出。これまで積み上げて来たものが実ったと思います。慎平の好きに。」

2吉岡「捲って行こうとしたら、石毛が行ったので神山さんの動きを見ながら上を捲って行くつもりでした。結果は3着でも、絶好調で無いのに決勝に乗れたのは2予で行ってくれた哲男のお陰です。応援してくれる全国のファンのためにも、狙うのは優勝。それしかありません。」-5小倉「これも僕と吉岡さんの相性ですね。一本棒にならなかったのも幸いしました。ゴール前では僕も必死だったので、つい吉岡さんに当たってしまったが、2人で決勝に乗れたんですから。決勝も勿論吉岡さんの番手。6年前の再現になれば最高ですけどね。」

3佐藤「山崎は本当に頼もしい弟弟子ですね。慎平を止めたかったが、技量不足で出られてしまい、山崎を残せなかった。これで競輪祭は3年連続で決勝進出。話をして僕が1番前に成りました。鐘から先行でもしてみますか(笑)前々好位」-7岡部「有坂さんはちゃらんぽらんの様にしているが、ああしていても作戦だけはしっかり授けてくれる頼もしい先輩なんですよ。内を抜けたのは開いていたから。モガいたと言っても半周ですから。千葉ダービーVから6年、そろそろ欲しいですね。初日同様慎太郎に任せるのが筋なので。」-9有坂「岡部の動きに一瞬立ち遅れたが、チャンスは必ずあると思って、トカが内を空けるのも狙っていたんですよ。2センターで上がったのですかさず突っ込みました。いきなりのG1決勝とは最高ですね。僕は岡部に任せます。」

4海老根
「前々に攻めたのが勝因ですね。外を警戒していたら岡部さんが内から来たでしょう。後は内を締めて落ち着いて踏みました。G1は全日本から連続。チャンスがある以上は狙います。先行主体の自力ですね。」-8佐々木「昨年の10月は腎臓の調子が悪くてここを休んだのに、よくぞここまで立ち直れたと自分自身がびっくりしています。石毛のお陰ですね。G1の決勝は、10年前の寛仁親王牌以来だそうで、40過ぎてよもやこんな晴れ舞台に立てるとは夢のようです。海老根君の番手でがんばります。」

1加藤-6志智の中部ライン。
2吉岡-5小倉は準決同様。
3佐藤-7岡部-9有坂の北日本ライン。
4海老根-8佐々木で南関ライン。

とうとう海老根にチャンスが回ってきた。実質、海老根の先行一車。
確かに、準決勝のエビはバカ強かった。EBIちゃんといい、時代はエビなのか(意味不明)

さて、今回のエビは抜群の動きで勝ち上がってきた。初日のカマシ、2日目の叩き先行。
3日目、ここで叩き先行の上、捲られてもその番手に入り込み差し込んだあの脚は超抜。

誰もがこの3番手、もしくは番手が欲しいところ。

加藤の前受け、吉岡ライン、佐藤ラインで、後方から海老根ラインの攻め。

正直書くと、海老根は取りに行く。いや、それでいいと思う。
となれば、一番の敵は、番手で絶好調の佐々木と、捲りの吉岡だ。
となれば、まず吉岡封じに動く。

赤板
48 379
←16 25

打鐘前に、ゆっくりと抑えて打鐘。

打鐘

←48 379
16 25

さて、問題はこっから。
当然、慎平も3番手or番手が欲しい。
でも、そこには慎太郎が居る。

ここからが、有坂の授ける「作戦」。慎太郎の、「打鐘から先行してみますか。」はフェイクじゃなかったりする。慎太郎にとっても、佐々木、慎平は厄介な存在だからだ。

この展開だと見る。つまり、慎太郎が一旦叩いて出る展開。

最終HS

←379 4816 25

海老根の持ち味は、カマシ、捲り。これなら、エビは好きな位置から得意のカマシ炸裂。
慎太郎は番手飛びつき。オールスター競輪、決勝の再現だ。
佐々木は元々ヨコが出来るタイプでは無い。しかもダッシュカマシには弱い。

最終BS
816 25
←4379

勘違いしちゃいけない。慎平は、「追捲」であり、「先捲」では無い。
この位置から捲っても一銭も要らん^^;
こうなれば、エビの連はほぼ確実だが、3番手から早めに踏み出す岡部。これが浮く(笑)
岡部はこういう展開まったくダメ。

当ブログの本命は、この2人の折り返し。

4=3-71625

エビがボケで、番手並走を尻目に逃げるなら、吉岡が魅せる。
この時には、加藤が併せて発進。でも吉岡の捲りに乗って、伸びるのはずばり小倉。

裏の本線は

5=47-31629

そして最後に。
エビがすんなり逃げれば、今回の佐々木のデキなら五分。

4=8-3759

このチャンス。活かさなきゃ。
逃げる勇気があれば、必ず獲れるはず。エビ。がんばってみい!!
[PR]
# by hiroki_kuranaga | 2006-01-29 01:14 | 競輪予想

小倉G1-競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦- 3日目(前夜版)

というわけで、準決の他のレースについて、ざ~っと前夜版♪

1レース
本来なら、杉山が逃げて番手の田川と行きそうになるんですけど要注意。
今年の杉山の目標は、「中団自在」。
コメントも現に、「自力自在」だけに、先行とは考えにくい。
初日から不甲斐ないレースばかりしている丸山の逃げと見た。ラインも4人だし。
それなら、杉山が中団からの捲り。
決めてみせろや。正ちゃん。
1=4-5289で

2レース
水書はこうなりゃ4日ともバック取って帰るんかいな。。
島野も自力含み、キドが別線で自力なら、水書の逃げイチ。
なら番手の中井が恵まれる。榊枝が追走もしくは島野の捲りに乗っかって。
2=9613-9613

3レース
メンバーが腐ってる。。
敢えて買うなら、新田の先行を、叩く八谷でやりあい。
ならば成田の捲りで届く。
2=9-137

4レースは勝負っ!
昌己の後ろは競り。ならば坂上の押さえ先行を、井上が一気にカマす。
番手すっぽりは坂上。
クチが空く分、食えるか、それとも食えないか。
1=9-246
1-2-946

5レース
金子のデキが良く無い。番手山口もどうかなぁ。
マルちゃんが、後ろ豊田で同県。なら早めの捲りでやり合い。
金子が行った時に、一旦切れるけど後ろで寝ている樹大と、「自在」宣言が飛び出した大園。(前回奈良F1最終日は捲ってたよん)
6357のボックスで。

6レース
・・・矢口が逃げるしかないのか。。この番組。
なんか、最終HSでは、矢口ライン、山田ライン、佐々木ラインってなってそう。
佐々木がカマして出てくれれば、山田ラインが生きてくるけど、山田もど~もバカだしなぁ。というわけで、矢口主導権で上越勢を。
今度こそ
9=2-5481で。

7レース
松っちゃんは、負け戦では無理して逃げない。
それなら平原が絶好のカマシ頃。中団の松っちゃんが置石で、三宅が届くのか、届かないのか。
9=4581=45813

8レース
手島って案外義理堅い。一成が逃げるのであれば、最後までお付き合い。
ただ、誰が餌食になるのか。
仕掛け早い分、辰也じゃなかろ~か。。張っても止まらない三ツ石の捲りで。
つか買えねえなぁ。このレース。。カックラやら小野やらって。。

9レース
渡邊一成の番手は競り。
吉永と鈴木なら、最後は若さで吉永競り勝つか。
でもその頃は捲られてるか。千切れてるか。
でも中団の高城が先に仕掛けてしまう可能性高く、脚溜めて溜めて。初日同様、テツっちゃんの捲りに期待。
3=5-全

といったとこでしょうか。。。
でも正直明日は、4レースが期待の勝負レース。ってとこで、後はどんぐりやなあ。。
G1って、買いたい選手がなかなか居ない・・・(_ _;。。
[PR]
# by hiroki_kuranaga | 2006-01-28 01:59 | 罵詈雑言

小倉G1-競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦- 3日目 12レース S級準決勝

◆う~ん。こちらも「出来れば捲りたい」組。4番手の位置取りは熾烈になりそう。(予想評価:C)
※印は◎○×▲注の順
◎1 加藤 慎平 27 岐阜 81 S1 両 3.57 0.0 112.96 今回 予1, ダ4
○2 佐藤慎太郎29 福島 78 S1 追 3.62 0.0 113.96 今回 予4, 二3
×3 武田 豊樹 32 茨城 88 S1 逃 3.57 0.0 113.08 今回 予7, 二3
  4 志智 俊夫 33 岐阜 70 S1 両 3.64 0.0 107.93 今回 一4, 二3
▲5 山崎 芳仁 26 福島 88 S1 逃 3.71 0.0 111.06 今回 予3, ダ9
  6 武井 大介 25 千葉 86 S1 逃 3.57 0.0 106.48 今回 一4, 二1
  7 兵藤 一也 27 群馬 82 S1 追 3.64 3.0 112.96 今回 予3, ダ5
注8 渡邉 晴智 32 静岡 73 S1 追 3.57 0.0 108.59 今回 一1, 二1
  9 稲垣 裕之 28 京都 86 S1 逃 3.62 0.0 108.39 今回 予8, 二2

【並び】52 914 37 68

9稲垣「メンバーを見て、カマシと決めたんですよ。後ろは内林さんと信じてました。それにしてもゴールまでが長かった。。。自力。」-1加藤「あの展開で兵藤を抜いたし、感じは日増しに良くはなってますね。喜んで稲垣さんに。何れにしろ決勝に乗れるよう、頑張ります。」-4志智「誠(鈴木)さんが武井に付いて行かなかったので、目標にして捲りに行っただけですよ。山口幸二さんの執念を見習いました。慎平へ。」

3武田「神山さんに残して貰いましたね。練習不足かGPの疲れかははっきりしないけど、見ての通りの調子ですが、現在の力で精一杯頑張るしかないので。」-7兵藤「調子の方は悪くは無いと思うけどね、自分の場合はその日その日で変わりますからね(笑)武田さんの番手とは気合が入ります。」

5山崎「海老根さんを出して中団捲りでも良かったけれど、準決のことを考えて思い切って逃げたんですよ。自力。」-2佐藤「3着の自信はありました。それにしても龍也さんの内掬いは早いですよ。一発振った時には来られてました。山崎に頑張って貰います。」

6武井「1予で落車しても2予を走れたのが大きかったですね。兄弟子に任されていたので、捲り切るのに必死でした。自力です。」-8渡邊「僕は何もしてません。前の2人に付いてっただけですから。1着なので調子は良いと思うんですけど。武井。」

3武田-7兵藤の上信越ライン。
5山崎-2佐藤の北日本ライン。
6武井-8渡邊の南関ライン。
9稲垣-1加藤-志智で中部近畿ライン。の4分戦。

稲垣が先行するっかないメンバー構成。
武田も2車では先行しにくいし、山崎は先行するわきゃないし、武井にも先行は無い。

山崎の前受け、武井ライン、武田ライン、そして稲垣ラインの後攻め。
う~ん。これは微妙。

稲垣が抑えて歩いてとすれば、4番手はもつれてしまう。
稲垣としてはそれが理想。なんだけど。。そんなレースになるんかいな。。

ただ、どっちのラインが先手を取ったとしても、武井ラインはそこにくっついてくるので、いずれにしても縺れるんだけど・・・。
稲垣の先行で、歩いた所を山崎のカマシで行ってみましょう。

山崎がかませば、必然的に3番手に入り込むのは稲垣。
車間を切って、一気に捲る・・けど慎太郎なら止めるし。。。。

こうなれば、慎平がシビアに立ち回る。
後は後方から捲ってくる武田だけが注意となりそう。

慎太郎の今回のデキは、2日目まで見ても微妙。
なら慎平でフォーメーション。

慎平の、1着、2着、3着固定の、連は
1=23584-23584
[PR]
# by hiroki_kuranaga | 2006-01-27 20:20 | 競輪予想

小倉G1-競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦- 3日目 11レース S級準決勝

◆番組屋が必死で考えた、吉岡残しのロートル番組。でも現在の吉岡では・・。(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順
○1 前田 拓也 32 大阪 71 S1 追 3.57 3.0 109.71 今回 予1, ダ1
  2 神山雄一郎37 栃木 61 S1 両 3.64 0.0 111.24 今回 予7, 二2
注3 吉岡 稔真 35 福岡 65 S1 逃 3.57 0.0 111.26 今回 一4, 二1
▲4 佐々木龍也40 神奈 57 S1 追 3.57 0.0 109.75 今回 一1, 二1
  5 小嶋 敬二 36 石川 74 S1 逃 3.57 0.0 113.27 今回 予2, ダ7
  6 石毛 克幸 29 千葉 84 S1 両 3.64 0.0 104.83 今回 予落, 二3
  7 伏見 俊昭 29 福島 75 S1 逃 3.71 0.0 111.90 今回 予7, 二2
×8 郡山 久二 41 大阪 55 S1 追 3.64 0.0 107.92 今回 一3, 二2
◎9 小倉 竜二 29 徳島 77 S1 追 3.64 0.0 111.75 今回 予3, ダ3

【並び】518 72 39 64

3吉岡「僕よりも哲男に感謝です。それだけですよ。本当は渡邊を止めたかったんですが、それにしても疲れました。自力で力の限り。」-9小倉「2日間、見ての通り調子の方はなんら問題無いでしょう。吉岡さんの番手とは光栄ですね。何回も世話になってますからね。やりますよ。」

5小嶋「力を出し切る展開にならなかったので、今日は体調のためには良かったと判断してください。2日目の分まで自力で頑張ります。」-1前田「僕の調子も良いですけど、流れが最高ですね。捲りの村上を交わしたのは自信になります。小嶋さんの番手は緊張するけど、チャンスなので。」-8郡山「調子がどうのより、流れが良いですよね。G1が久しぶりなのに、準決とかは忘れましたよ(笑)。拓也の後ろへ。」

6石毛「高木さんからは幾通りもお作戦を授けられました。稲垣が下げてくれてラッキーしましたよ。飛びついたのは計算通り。しかし準決を走れるとは。一番自分が驚いてます。積極的な自力で。」-4佐々木「被ったので外へは行けず、内が空いたから自然に体が反応してしまいました。慎太郎も3着で良かった。ラインの石毛一本。」

7伏見「僕のラインが3人だったのが大きかったですね。抑えて駆けるより、カマシの方がこのバンクには合っていると思いました。自力。」-2神山「落車の影響は無いみたいですね。武田と一緒に準決を走りたかったので、車間をきりました。抜かれたのは晴智の力でしょう。伏見の番手とは嬉しいですね。」

3吉岡-9小倉の西混成ライン。
5小嶋-1前田-8郡山で、中部近畿ライン。
6石毛-4佐々木で南関ライン
7伏見-2神山の混成ライン。の4分戦。

ん~。。。
吉岡の前受けは無いから、小嶋か伏見の前受けとなりそうなんですけど(石毛は枠的には後ろ攻めだと・・・)
伏見は捲りたい。石毛も勿論。吉岡は捲りしかない。
本当は、小嶋も逃げたくない。自分のデキが解っているならなおのこと。

でも、他が全部捲り屋であるなら、我慢して。。。

石毛ラインの前受け、吉岡ライン、伏見ラインで後方から小嶋ラインの攻めと見たい。
石毛は、前受けからの飛びつきもしくは引いてやり合いを捲る両面策。

小嶋が上がって伏見ラインを抑える。蓋して蓋して打鐘
あ~でもそれでもこの位置か。。

打鐘

  518 72 
← 64 39

小嶋が一旦、抑えて歩く。
最終HSで、誰も来なければ自分が先行(逃がされ)。

でもここは、調子も悪い。デキも良く無い。
でも。でも地元。捲り不発で決勝に乗れないよりは、番手小倉に仕事して貰って何とかしようや稔真君。

吉岡のカマシ。

小嶋はこの3番手に嵌まり込み(小嶋が良く取る戦法)

←39 518 72 64

こうなると、伏見のラインは要らなくなってしまう。
3番手から小嶋が捲ろうとするけど、今回のデキならズドンとは行けない。
しかも、置きに行った3番手は捲れない。

最終BS
  518 72
←39 64

番手前田が先に下りてくるか、それとも郡山か。
いずれにせよ、外踏んでいる伏見ではどうしようも無い。

小倉だけに、食わずもあるかも。
ここは男気に託す。競輪は、逃げるヤツが一番強い!

1984のボックスで。
[PR]
# by hiroki_kuranaga | 2006-01-27 20:17 | 競輪予想