<   2005年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

三つ子の不当たり百まで

今日は種銭追加のため、競輪はお休み。
昨日、神山雄一郎(栃木61期)の頭鉄板レースで、矢口啓一郎(群馬86期)を買ったものの、松永晃典(静岡76期)を買わず、電話投票口座はその時点で壊滅。

慌てて、車で隣の市にある場外車券場へ。走ること40分。買いたかったのは10レースの、「今日こそは」渡邊晴智(静岡73期)と、「今日こそは」丸山啓一(静岡74期)の残りで鉄板だぁ!。これで種銭増やして、11レースの兵藤一也(群馬82期)の頭を買うのだああっ!!!

場外車券場、到着。
それ行け走れ!。購入票に、書く、書く、書く。
そこでふと気がついた。
                 「なぜ財布が無い・・・・」
慌てて出てきたので、肝心の財布を忘れた模様。
ポケットをまさぐると、出てきたのは6,000円。

ええいもう。しゃ~ない。これで2連単勝負だ!

     ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!

で、仕方なく兵藤の頭を、ちびちび買いました。
最後に抑えたのが、岡部芳幸(福島66期)-伏見俊昭(福島75期)-兵藤のプチ車券。
200円。
6,000円使って、ぴたり6,000円戻り。チャラ。

しかしまぁ。どうしてこうなるんだか。「読めてる」と自信持って買ったのに。
K記者、ケロヨン君、そして漏れ。
もっとも、ありさか兄まで含めると4つ子車券。

            あたんねぇなぁ。。。。。。。。

三つ子の不当たり百まで。子供が出来たら、3歳までに英才教育しよう。競輪の。
その前に。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。まだ独身ダターヨ(どっとはらい)古ぃ。。

大村G1の日高逸子(福岡56期)でも買ったるかぁ。。。それ違うし。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-28 19:59 | 罵詈雑言

はいはい

ご存知の通り、東王座戦の決勝は、佐々木雄一(福島83期)の先行に乗った伏見俊昭(福島75期)が番手捲り。付けた岡部芳幸(福島66期)が差して1着。2着に伏見が残り、3着は私の本命。兵藤一也(群馬82期)。

結局、6番手から武田豊樹(茨城88期)は1角から叩いて出ましたが、伏見のところまで届くことなく力尽きました。
でも良い良い。納得の結果。並の先行屋なら、あの位置までも届かなかったでしょう。
武田は、明日に繋がるいいレースが出来たのではないかと思います。
兵藤もコース空かなかったし。3着上出来かな。

ちょっと気になって調べてみたんですが、最近、各地のF1開催を含め、北日本の2段駆けがあちこちで成功していますね。
確かに北日本の選手層は厚い。それは認めます。でもそれだけかなあ。
何も面白くは無い競輪だなあと。

西高東低の図式は、暫く変わりそうに無いですねこりゃ。
さて次行くか。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-27 18:06 | 罵詈雑言

取手競輪 東王座戦競輪 11R S級決勝

すっかり遅くなりましたが・・・一応予想。
11R S級決勝
1 武田 豊樹 31 茨城 88 S1 先捲 今回 初1, 東1, 準1
2 伏見 俊昭 29 福島 75 S1 先捲 今回 初2, 東8, 準1
3 岡部 芳幸 34 福島 66 S1 追捲 今回 初2, 東4, 準1
4 阿部 康雄 37 新潟 68 S1 追込 今回 初2, 東5, 準3
5 佐々木雄一25 福島 83 S2 先捲 今回 一1, 二1, 準2
6 内藤 宣彦 33 秋田 67 S2 追込 今回 一1, 二2, 準3
7 川口 満宏 37 東京 58 S1 追込 今回 初3, 東7, 準3
8 坂本   勉 42 青森 57 S1 自在 今回 初4, 二1, 準2
9 兵藤 一也 26 群馬 82 S1 追捲 今回 初4, 二2, 準2

【並び】1947 52386
とてつもなく寒いメンバーでの決勝戦となった今回の東王座。勝ち上がってきた9選手をまず見てみると、動ける選手が4名。そのうち3人が、佐々木を先頭とする北日本ライン。
北日本は、岡部、坂本まで入れてしまうと4段駆けというそうそうたる並び。
一方、武田のラインは動ける選手は基本的に武田のみ。

でも、ラインとしての強さはどうか。
考えなければならないのは、ラインとしては、逃げ-逃げより、逃げ-追込と並ぶラインの方が圧倒的に強い。ということ。
4車なれど、ラインは武田ラインが強い。
それでも、先行するのは佐々木で間違い無いだろう。赤板から前受け武田を抑えて打鐘から猛スパートと見る。
しかし、他人のペースで踏む番手の逃げ屋が、果たしてそこまで強いもんだろうか。
まして、マークの伏見は決して好調とは言い難く、簡単に決まるものではなさそう。

不安材料は他にも。佐々木は確かに超抜級なれど、初日は先行争いのペース落ちたところを捲り。2日目は前団競り合いを見極めて捲り。3日目はHS先行も、後位競りで逃げ残り。
しかしBSでは、新田康仁(静岡74期)は、神山雄一郎(栃木61期)が膨らんで来なければ3番手の位置まで迫っていたという状態。

武田は、その上を行く超抜級。6番手ならば、あっという間に番手の伏見に追いつける。
まして2段駆けは既にミエミエの状態なので、泥船(山形80期)じゃあるまいし、武田がみすみすこれを逃すとは思えない。
佐々木が北日本から優勝者を出すために、早駆けとなるならば、なお一層番手の伏見に並ぶのは早くなるだろう。
伏見は番手捲りという体制になるものの、好調さに欠ける。武田に併せ切れるのかどうかも甚だ疑問。仮に併せたとしても。。。。

参りましょう。本命は、武田の捲りに乗って大外突き抜けてくる兵藤。
対抗は、伏見の捲りに乗っかっての岡部。
ただ岡部、インを締めるのがへたっぴなので、大番狂わせも充分。

兵藤=岡部から、武田、坂本、阿部、川口まで。2連単 9=3 3連単 9=3-1487
兵藤-武田から、岡部、阿部、川口で 2連単 9-1 3連単 9-1-347
兵藤-阿部から、武田、川口、岡部、坂本。 2連単 9-4 3連単 9-4-1387

以上。2分戦の時の番手=番手。私が一番好きな車券です(^-^)。
そして、「最終主導権の番手が軸」。

では明日。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-27 03:39 | 罵詈雑言

遠い所に居る友人達へ

並び出て、予想ですが、ちょいと小話。
○スポの話を再三してますが、地方紙だから他地区の人は見る機会が無いでしょ(^-^)。
K記者が実際に「読めている」という証明を本人に成り代わり検証。
はっきり言いますが、すげえぞ。私が公私共に大好きな記者だということがお解かりいただけると思います。以下本日の買い目と実際の結果の対照。

取手競輪 3日目
1レース 7=1、7-5、7-8 は 7-5で入線。ズバリ。
2レース 2=5、2-9、2-7 は 2-1で入線。軸中井は当たり
3レース 3=2、3-1、3-7 は ド本命の2-3入線。ズバリ
4レース 1=5、1-7、1-2 は 6-7の入線。これは仕方ないわ。
5レース 7=1、7-5、7-3 は 7-1のド本命入線。ズバリ
6レース 1=4、1-2、1-3 は 3-4の入線。本命の1-4は、3連単で2着、3着。
7レース 3=1、3-9、3-6 は 6-3の入線。痛恨の裏目。
8レース 3=9、3-2、3-1 は 2-3-9での入線。痛恨の縦目
9レース 3=2、3-9、3-5 は 本命ズバリ。3-9の入線。
10レース 1=3、1-5、1-9 は 1-7での入線。9が3着。
11レース 1=7、1-2、1-9 は、7-1の入線。ズバリ。

ほんと凄いと思いません?大体、普通買うときって7~8点買ってるから7レースあたりも裏返ししそうだし、6レースもボックスで行けそう。10レースは、スポーツ紙の宿命みたいなもので、神山雄一郎(栃木61期)が乗っている以上、印付けなきゃ怒られちゃう。(と思う)。だからだと思います。
多分、本人の本当の本命は違っていたかもしれません。いや違っているはず(笑)
でも、実際問題、これを100円で全て買って行ってもプラスなんですよね。
本人はこれに気がついているのかいないのか、違う買い目を買っちゃ~自爆するという(爆笑)

「車券のプロ」という人が言っていました。
「新聞の予想なんて、展開をある程度しか読んでいない。本当に生きた予想は違う。」

いえ。違いません。
だって私の大事な愛すべき競輪記者は、こうやって当ててるんですもん。
何か?

って誰に反論してるんだか判んないと思いますが、次に決勝予想。やります!
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-27 01:54 | 罵詈雑言

ふ~ん。

今回の東王座の番組構成、番組屋さんも順当なところへ納めたかったのか、割と堅い車券。本命ラインでズコズコ決まった準決3個レース。

9レースは矢口啓一郎(群馬86期)と、海老根恵太(千葉86期)が何と伏見俊昭(福島75期)の前団で叩き合う展開。そりゃ最終HSで決まっちゃうでしょう(笑)
強い選手が1人で、そこそこが2人だと、その2人が焦って自爆する典型的なケース。

10レース、佐々木雄一(福島83期)のデキが抜群。明日、恐らく武田豊樹(茨城88期)を止めきれるのはこの人しか居ないでしょうね。
番手岡部芳幸(福島66期)が、ゴール後、佐々木の頭をぽんぽんと撫でていたのが非常に印象的な一番でした。まさに兄弟弟子の光景(^-^)。微笑ましい。

11レースは。。。まぁねえ。斉藤登志信(山形80期)程度が相手じゃ不足ってもんです。
斉藤もGPの時のように、ヤケクソで引いて7番手からカマして出るくらいしか今回、抵抗しようが無かった。それでも捲られてたとは思うんですが、見せ場は作れた筈。
最終HSで併せて踏んだってねえぇ。1角で出来上がってた。そんな車券。
兵藤一也(群馬82期)は差さなかったのか、差せなかったのか。恐らく今日の展開からして後者だとは思いますけど(笑)。それくらい武田が強かった。
そうですよ。武田君は強くなくてはならない。でないと(あとで)非常に困ります。

さてさて。なんか寒い決勝戦メンバーになりましたねえ。。。
伏見俊昭(福島75期)、坂本勉(青森57期)、内藤宣彦(秋田67期)。
佐々木雄一(福島83期)、岡部芳幸(福島66期)、川口満宏(東京58期)
武田豊樹(茨城88期)、兵藤一也(群馬82期)、阿部康雄(新潟68期)。

北日本は別線ですかねえ。こりゃコメント見ないと何とも言えませんが、なんせ同県同バンクが3人、同地区が2人。5人並べば武田は勝てない。
北日本の中から優勝者が出そうな勢いです。

伏見が別線を選択してくれれば、辛うじて面白いレースになりそうな気配なのですが・・
こりゃ並び&コメントを待つしかないか。

それでは後ほど。ってことで(w
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-26 17:05 | 罵詈雑言

いやあれは

明らかにおかしいと思います。1番人気を平気で紙くずに変えてくれた主催者って・・。
ファン離れが進む中、初日からトドメを差すような内容では・・・。
西ならあれは相互接触でセーフではないかと。
西と違って、イキが良かったり、調子が良かったりという選手があまり多くないので、実に難しいシリーズとなりました。
武田豊樹も特選で奥の手を出しちゃ~。。。。^^;
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-26 15:27 | 罵詈雑言

戸塚真理

別に彼女の名前とかではないです。ひらがなで、「とつかまり」。すなわち、「とっつかまり」
帰りの道中、明日の準決勝の討論をケロヨン君と展開しつつ、交差点を右へと曲がり、意気揚々と自論を述べていた時、それは待っていました。

なんか赤い光る棒を持っている人がおいでおいでしてるぞ。。。。???

「はい。携帯電話ですね。こちらへど~ぞ~」。妙に嬉しそうな警官。
なんでこう嬉しそうなんかねぇ。顔見てるとムカついて来たので、悪態の数々。
まぁ変な法令ですこと。と思いながら1点減点6,000円の罰金也。

あ~。今日榊枝輝文(福島79期)の頭、あのレースに間に合ってさえ居れば・・・。
仕事の途中、抜け出すことができず、結局買えなかったあのレース。
あれがあれば、罰金なんざ屁のかっぱだった筈。。。
空しく響く「7レース は 締め切りました。」。。。
悔し紛れに、10R、神山雄一郎(栃木61期)の不発を願うも、願い空しくHS先行逃げ切り。
あらあら空回り。

うん。確かに武田豊樹(茨城88期)は強いと思う。今日は結構出端で伏見俊昭(福島75期)とやりあったのに、建て直して再度のBS捲り。うむ。なかなか。

番組屋も、後閑信一(群馬65期)を、わけわからん失格に仕立てあげているため、売り上げが伸びてないのかここは一発、武田をメインに託した模様。
神山はま~上がるなら上がってくれば。的な番組でして、絶好調の佐々木雄一(福島83期)相手にどう立ち回るか見ものです。

佐藤慎太郎(福島78期)も泥舟(山形80期)に乗せられて明日はどうするんかなぁ。。

ところで今日、朝から新聞に目を通していて、ふと記事の作者さんへメールしてみました。
文面からは時間の無い様子が見て取れたので、「記事が疲れてるぞい。頑張れ~(笑)」と、ほぼ冗談半分。
ところが、「どこが悪いか具体的に教えて欲しい。やはり読者との距離というのは難しいものだから。」と真面目なお返事をいただいてしまい、非常に恐縮^^;。。
いやいや、印や狙い目は完璧だし、展開予想もきっちり読めてる。特選の取材等も丁寧にコメント取ってあって非常に好感の持てる記事。だから記事的には全く問題無かったのですが、時間の無い中、疲れながら書いてるんだろうなあって思ってメールしたというお話だったのですが・・。

                 正直、スマンかった。

今回、4日間とも必ず○スポと決めているし、彼の仕事にケチつけるほどの人間ではありません。本当にすまなかったなと思いました。

さて、明日は準決3個がメイン。こりゃ11レース、堅そうだなぁ。マギレても佐藤の突っ込みやら、中団に栗原厚司(静岡74期)が入った時の展開程度しかマギレる気配がありません。
2車単でいくら付くかしら。。。大枚はたくと飛ぶのが必定。さてどうしましょうか。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-26 00:36 | 罵詈雑言

つまらん

今日は東王座の初日。前半は荒れ模様でしたが、次第に後半に行くにつれ、がっちり堅いレースになって行きました。

最近の競輪界は、「西高東低」とは良く言ったものです。
西日本のアツいレースを散見しつつ、「やっぱり競輪はアツい。面白い。」と思っていい印象で臨んだ東王座初日。正直感想は。。。

勿論、文句言うからには買わないと話になりません。そこで、9レースから11レースの、特選3個レースを買ってみました。
9レースは伏見俊昭(福島75期)と佐藤慎太郎(福島78期)の折り返しを2連単。
10レースは渡邊晴智(静岡73期)から新田康仁(静岡74期)へ1点。2連単。
11レースは、金古将人(福島67期)から平沼由充(福島83期)と、斉藤登志信(山形80期)へそれぞれ2点。それと、後閑信一(群馬65期)から武田豊樹(茨城88期)へ1点の合計3連の2連単。
結果を見れば、パーフェクトです。だがつまらん。実につまらん。つまらん過ぎる。
クソバカレースが多すぎ。

9レースは、まぁまぁのレースでした。ホームで若干流した伏見を、石毛克幸(千葉84期)はしっかり叩いて出て叩きあい。結果伏見が勝ち、番手佐藤が追い込んで。というレース。
これは展開的にはちょいと面白かった。でも普通のレース。

10レース。神山雄一郎(栃木61期)。具合悪いですか?風邪ですか?。競輪学校帰りで全くやる気が出ませんか?このクソカス。

神山、4人のラインで堂々の前受け。これはまぁねえ。いつものことで。
赤板過ぎに岡部芳幸(福島66期)が上昇して神山を抑えると引いていく。ここからが問題。
これを待っていたかのように、新田康仁(静岡74期)が叩いて出る。岡部は当然中団キープ。
神山、動かない。
最終バック。神山、動かない。3半でやっと動き出すも。。前に行かない。
届くわけね~だろこの能無し
なんかもう「2次予選周りでいいや~」的な無気力レースに唖然。

11レース。斉藤登志信(山形80期)。これまた低脳。アタマ悪すぎ。バカじゃない?
武田をすんなり逃がしておいて、最終HS、叩いて出るチャンスが一度。叩かず。
最終バック、前団の競りも終わり綺麗な一本棒になったところでも動かず。
3半、ちょこっと車を外に持ち出す。
届くわけね~だろこのド阿呆

まだ神山は競輪学校のくだらん制裁に付き合わされての失態。許せるところもありますが、斉藤に至ってはバカとしか言いようが無い。
武田のライン、後ろが競りとは言え、仮にも武田。番手は後閑信一(群馬65期)が競りとは言え回ってんのに。素人でも解るようなクソレース。

特選3個レース見ただけで萎えました。
北日本も確かに選手層が厚いのですが、なんか厚いだけ。。みたいな印象を受けます。
関東は致命的ですな。こりゃ。

いちお、今日の結果からして、東賞は
伏見-佐藤-岡部(岡部-佐藤もアリか。)の北日本ライン。
新田-渡邊の南関ライン
武田-中村-阿部-川口(もう既に準決権利持ってんだもん。川口も無理せんしここからかなと。)の北関東+α。

伏見、武田がどうするか。一番高い可能性は、「叩き合いにて両者共倒れ」。
特選で権利は持ってる。着順で準決勝の振り分けも全く関係無い。
今回のデキは双方ほぼ互角も、地力の差で伏見が競り勝ってる印象です。

でもそうなれば、出番は新田。得意の捲り一撃。前団残るラインを絡めて

◎渡邊=○新田から、佐藤、中村、川口。
気楽に走る4番手なら、川口は新田の捲り3番手に切り替えて突っ込んで来るかもねん。
競輪祭の時以来の好調は維持している模様。です。

しかし。。。冴えねえなぁ。明日はピリッとしたレース見せて欲しいです。

※注意:後閑、失格だったのねん。後ろが弱いから武田は捲りかもなぁ(笑)
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-24 19:41 | 罵詈雑言

コメント:ぽんた・・・・「K君に任せる」

大荒れの西日本王座から一夜明け、今日は電話投票口座に種追加。

1月に復活してから、150枚電話投票口座に入れました。その後、1000枚前後をうろうろし、やがて奈良記念、静岡記念でなくなったので、西日本王座の前に、追加で50枚分入金しました。
正直、西日本王座の初日には、700枚分ありました。でも昨日残ったのは。。。4枚(笑)
負けてますが、あんま負けてないですね。

今回の東王座は、土日が正念場なので、気持ち多めに、200枚分入金。
さて終了時、0になるかそれとも。。

負けの原因ははっきりしています。
①.他人の予想を聞いてしまうこと(件の競輪予想会社)。
②.オッズを見てしまうこと。
この2つが敗因です。東王座は、一切オッズを見ず、予想会社を聞かず、自力で頑張ります。

ということで午後2時。明日の出走表が出ましたんで見てみました。

       う。。。。。。。。知らん人ばっかりいっぱいおる。。。

西王座戦は、確かに若手バリバリも多かったのですが、元々私も西日本の人間。
どうしても、レースを見る機会は、自分が知ってる競輪場やら、近くの競輪場になって来ます。そうなると結構西の選手を見る機会が多いため、知ってる選手が増える。

何より、元々の旧制度の時、A級特選やら、A級選抜やらで走っていた選手が、ごそっとS級に上がってきているので、知らないって選手が圧倒的に少ない。
湊崎裕次(福岡67期)、足達重満(長崎80期)、江嶋康光(福岡39期)、境 博文(熊本53期)、増田鉄男(徳島74期)、大前寛則(岡山57期)やらと、本当に挙げると枚挙にいとまが無いほど付き合いの長い(?)選手達ばかり。

当時、彼らは、本当に普通開催のヒーローで、「吉永好弘(広島80期)が来るんか。今度の開催は吉永で堅いな。番手は大前やし。」なんて会話が普通に成り立っていた頃。
私が多分、一番好きだった頃の競輪です。
やがて時は過ぎ、SA2班制になって、現在の状況になっていますから、さすがに西王座(GⅡ)は初めてとは言え、すんなり受け入れができましたし、正直そんなGⅡを、かつての私にとってのヒーロー達が走っているとなれば、なおのことでした。

でも東王座は。。。うわ~。誰だこれ?って選手ばかりで正直どうしようかと。
なんせ知らない判らない。その上近況も知らない。そんな選手が大挙してレースするわけですから、こっちも賭けようが無いかもしれないという^^;

こういうときは、逆に冷静な推理ができて面白いかもしれません。

幸い、東王座の○スポ担当は、我が愛する記者、K君。
私は彼が記事を書くときのみ、○スポを買います(笑)。彼の記事が楽しみで見てるという面も多々あるのですが。。なんせ彼は、新聞に印打つときゃ自分で打つ時より勝率が高い^^;

なんせ97年、小倉競輪祭新人王戦で、新米記者の癖に突っ張って、他社無印の伏見俊昭(福島75期)に堂々と印を付けやがり、当時2単しか無かった時に、万車券を的中させてしまった程の実力(笑)。

元々、○スポには私が競輪記者として最も(あくまで記者として。。)尊敬しているT松記者の居るところ。ここの新聞、この両者で競輪は成り立っているようなもん。
だから彼が書く時には、必ず○スポを買うようにしています。(ちと誉めすぎか?奥様。。。^^;でも正直な気持ちではあるのよ。許して栗)

今回の東王座、黙って後輪を見て付いて行こう。
だからコメントは、「K君に任せる」。4日間、よろしく頼むぜぃ!
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-23 22:30 | 罵詈雑言

西王座戦を終えて

ふぃ~。今仕事終わって帰ってきました。ま~忙しいこと。

「決勝は、最終主導権の番手が軸」。今日は崩れたか。。。。なるほどこう来たの。。^^;
今日は物凄く忙しく、結局投票だけして結果も見れず、電話投票の残高も確認できず。
まゆ姫からのメールで、山内卓也(愛知77期)の優勝を知りました。

おめでとう!山内卓也選手!

ほんっとに嬉しそうだった。今回は強さとタイミングがかみ合った決勝でした。
今回、準決勝で鬼みたいに強かったので、連絡み濃厚と見てはいましたが。。
頭はもとより、結果的に加藤慎平(岐阜81期)のズブ挟まりズブという結果。
加藤が逃げて、中団に佐々木則幸(高知79期)の捲り追込み届かず。の結果かと思えば、ビデオ見てびっくり。おっとどっこいこりゃ予想しづらい。。

決勝戦は、稲垣裕之(京都86期)も、完全に仕掛けのタイミングを逸しました。
何とか自分が駆けてラインから優勝を。その思いが「飛びつかせたくない。なんとか出切りたい」の競走になり、惨憺たる結果を生んでしまいました。
ま、若いしこれからだから。実質師匠の村上義弘(京都73期)だってそうやって強くなって来たんだ。絶対めげるな。次もまた頑張れ!。

まぁ。意地悪な見方をすれば、「自分もいい着に残りたい。可能なら逃げ切りで優勝したい。」が本音なのかもしれませんけどね。

でも、今日は朝から、新聞を読みました。
稲垣のコメントが「先行してラインから優勝者を出したい。それが準決勝、村上さんを連れて行けなかった雪辱。」
はっきり言って泣けました。こんな先行屋がまだ居るとは。捨てたもんじゃあないな。って。
だから結果として私も負けちゃった、稲垣も負けちゃった。でもいい方に取れた。

でもま~。ほんっと良くわからん競走するのが佐々木。
確かにあのメンバーで、7番手なら死にライン。前には加藤も居るし、おまけに稲垣のタイミングもメチャズレちゃったので、ここは行ってしまえ~っ!って思ったのかもしれませんが、ま~正直、「予想泣かせ」。
番手の小倉竜二(徳島77期)も同じような読みにくい動きをするので買い辛い選手ですね。
しかし今日は、まさに縦横無尽、獅子奮迅の活躍でヨコに動く動く。
最終直線では脚、残ってませんでした。でもあれは立派な「マーカー」です。素晴らしい運行だったと思います。

やはり、逃げ-逃げ-自在とか並んでもなかなか決まらんもんだなぁ。と実感。
反省点をしっかり活かして、明後日からの東王座へ挑みます。

今度は当てるぞ!って種戦切れちゃった。明日入れにいこ。。。(涙)

最後に一言。
中川誠一郎(熊本85期)クン。まちいとヨコに慣れなさい。今日みたいなヘタレ競走ばっかやってるとバカにされるぞ。脚あるんだから。しっかりがんばり。

ではまた。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-02-23 02:55 | 罵詈雑言