カテゴリ:競輪予想( 257 )

多忙のため

モバイル版はお休みれす^^;

※PC版はこちら(笑)  
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-02-11 12:01 | 競輪予想

静岡G3-たちあおい賞争奪戦- 2日目 第11レース S級優秀

※PC版はこちら(笑)  

◆エビのデキが(?)なので、中部ラインの先手に期待。やり合いならば市田が捲るが・・(予想評価:C)
※印は◎○×▲注の順(コメントは、「コンドル」誌より)

1 加藤 慎平 27 岐阜 81 S1 両 今回 初1
2 海老根恵太28 千葉 86 S1 逃 今回 初3
3 渡邉 晴智 32 静岡 73 S1 追 今回 初2
4 山口 幸二 37 岐阜 62 S1 追 今回 初1
5 有坂 直樹 36 秋田 64 S1 追 今回 初1
6 鈴木   誠 40 千葉 55 S1 追 今回 初3
7 吉岡 稔真 35 福岡 65 S1 逃 今回 初3
8 市田佳寿浩30 福井 76 S1 両 今回 初2
9 小嶋 敬二 36 石川 74 S1 逃 今回 初2

【並び】 914 263 875

2海老根「競輪祭の疲れはありました。何とか地元を連れて行きたかったんですが。後ろが誠さんならここも先行基本で。」-6鈴木「慎太郎が番手に飛びつきに行ってくれたからですね。調子は普通。海老根が居るなら無条件で。」-3渡邊「丸山を残せなかったのが。武田君を飛ばすのに脚使いましたね。海老根とは別線は出来ないし、迷惑掛ける事も。千葉の3番手です。」

8市田「慎平に付いて行ったというよりも、自力の感じでしたね。このフレームではマークは厳しいかなあ。それでも落車後で優秀に乗れたのは大きいですよ。吉岡さんには自分の競走でいいですか?と言ってあります。」-7吉岡「青木さんと絡んでいた分、引くのが遅れて・・。それでも競輪祭よりは少しだが良くなってますね。市田と話をして、初めてになりますが西は2人なので。任せます。」-5有坂「観音開きみたいにぽかっと開いたんですよ。ラッキーでした。市田-吉岡の3番手ですね。準決B、及び準決Cのメンバーを見て考えた走りになると思います。」

9小嶋「幸二さんに抜かれたのが現在の調子ですよ。まだ突っ張って逃げ切るまでには。。徐々に上げて行きますね。岐阜に任されたので積極的に。」-1加藤「展開上、最高の展開になり、練習やれてないけど身体の方が勝ち方を覚えていてくれました。市田さんに任されたのも踏めた要因でしょうね。小嶋さんの番手。」-4山口「コンドル誌が僕に◎だったんで、頑張りました。これで売上倍増でしょう?(笑)しかし、本命率35%は無いでしょ~。ここは慎平へ。」

2海老根-6鈴木-3渡邊で番手はさすがに同県鈴木の南関ライン。
8市田-7吉岡-5有坂で、切り替え含みの有坂を加えた西ライン。
9小嶋-1加藤-4山口の鉄壁中部ラインの3分戦。

う~ん。海老根のデキは競輪祭時からすれば、6割程度のデキか。
鈴木は戻ってきたというより展開だったか。渡邊は現状維持と言った感じ。
市田はまぁまぁ。吉岡も少し戻ったかな。有坂は・・・・ほんと展開向くなぁこやつ。
小嶋は競輪祭よりも良いけれど、5~6割程度か。全然捲りに勢いが無い。加藤は維持。山口は良化。

有坂のコメントは正直やなあ(笑)
でも、彼だけではなく、記念の現在の勝ちあがり制度からすれば、準決のどこに行くのか。を計算しながら駆ける事が可能。

この中で、意地でも逃げなければという理由を持った選手は海老根だけ。
同県千葉の先輩を抱えている事と、3番手はなんかようわからんコメントの地元渡邊。
人気にもなるだろうが、初日のエビ見てると・・・。
富あたりを逃がして捲りってのもつまらんなぁ。デキ悪い証拠か。

う~ん。。。。
加藤が居るので、小嶋の前受け。「自分のレースでいいですか?」って事は市田が中団、後方からエビの攻め。

エビが上昇する前に、こりゃ一旦市田が動くかな。
でも、結果的に小嶋が初日と同様のレースをするのであれば、一旦突っ張って前に出て、エビのカマシを待つ展開か。市田が小嶋を抑えてエビのすんなりというのも考えにくい。

ここで、抑えて来るのが遅ければ、番手は信頼出来る慎平。ならば抑えて来なければそのまま逃げ。叩いて出てきたら中団キープの両面作戦だろう。

今の小嶋の逃げであれば、最後までは持たない。
中団キープの市田がBS捲る。この捲りなら吉岡で付ききれるが、番手が慎平、3番手が山口では抗しようが無さそう。
ここは、中部に期待。

小嶋の逃げを加藤がギリギリまで残しにかかるだろうが、3番手の山口は容赦なく踏む。
遠慮の加藤と遠慮しない山口。それならこの両者の折り返しから。

1=4-93875 これが本線。

渡邊のコメントが解らんなぁ。。。切り替え含みって事なんだろうか。
だとしたら、逃げる小嶋ラインに切り替えて来れば、最強のラインの完成。
インを締めつつ抜きに行く山口と、中伸びる晴智の伸び比べ。

1=34-9758

以上で行きます。いずれにしても中部ライン本線で。
中部ラインとは相性あんま良く無い。C評価で(逃げ)
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-02-10 00:07 | 競輪予想

静岡G3-たちあおい賞争奪戦-第11レース S級特選

※PC版はこちら(笑)  

◆こいつばかりは見なくちゃわからん。信用出来ない選手多いだけに、見てみたい一戦。(予想評価:C)
※印は◎○×▲注の順(コメントは、「コンドル」誌より)
1 渡邉 晴智 32 静岡 73 S1 追
2 吉岡 稔真 35 福岡 65 S1 逃
3 武田 豊樹 32 茨城 88 S1 逃
4 山内 卓也 28 愛知 77 S1 追
5 小川 圭二 35 徳島 68 S1 追
6 青木 佳辰 42 愛知 51 S2 追
7 有坂 直樹 36 秋田 64 S1 追
8 丸山 啓一 31 静岡 74 S1 逃
9 阿部 康雄 38 新潟 68 S1 追

【並び】 397 81 25 46

3武田 「競輪祭から10日あまりでは急に良くなる事はないけど、この後に続く東王座、熊本記念、ダービーへ向けて仕上げてる最中です。自力。」-9阿部 「一ヶ月間、何もやる事が無いので練習してました。後閑の欠場で武田の番手が回ってきたんですね。3回目のジカ付けです。」-7有坂 「競輪祭は決勝3着なので、惜しいにしても納得はしてますよ。茨城に冬季移動してるから、武田の3番手に行くことにしました。」

8丸山 「競輪祭では迷惑掛けました。直後に新田さん、晴智さん、大輔、萩原孝之と宮古島で合宿して、中4日ですけど疲れが無ければと思ってます。先行ですね。」-1渡邊 「競輪祭の調子は維持してるし、それ以上と思ってください。丸山とは直前まで宮古島で合宿してました。頑張ってくれるでしょう。」

2吉岡 「競輪祭は捲れる流れだったのに、そこまでの調子でなかったのが残念。体調も戻り練習したので、今回はと思ってます。自力。」-5小川 「調子は普通ですね。吉岡にジカは昨年の花月園記念の2次予選でワン・ツーを決めて以来。」

4山内 「失格は裁定が下された以上は仕方ないにしても悔しいですね。その怒りは練習にぶつけました。青木さんに任されたのであれば、決めず自在。」-6青木 「前回は地元Vで区切りの250勝と思ってたらタイヤ差でした。調子は大丈夫。卓也の番手。」

3武田-9阿部の北関東ラインに7有坂 
8丸山-1渡邊の宮古島合宿南関ライン。
2吉岡-5小川で西遠征ライン。
4山内-6青木の中部ラインは、自在の構えの4分戦。

武田にしても、山内にしても、丸山にしても、吉岡にしても、小川にしてもよ~わからん。
全員、前回は見せ場無くいい所が無かった選手ばかりを集めた一戦。

展開的に予想するのであれば、丸山の前受け、武田、吉岡ラインで、山内ラインの後攻め。
山内の事だから、先手ラインに乗ってという事になるのだろうが、最終的に武田が一旦主導権を取って流し、後続のカマシを待って(このうち、カマしてきそうなのは丸山だけ。)、その3番手に飛びつく算段か。

だとすれば、最終バックの通過は

【BS】
                2吉岡-5小川
8丸山-1渡邊 3武田-9阿部-7有坂 4山内-6青木

「置きに行った3番手は捲れない。」
武田が外浮いて、中割って突っ込んでくる阿部、有坂、吉岡の捲りに乗って小川だけれど、小川の前回のデキは腐ってただけに、むしろ吉岡かなぁ。

いずれにしても、晴智軸で。

1=9-8725
1=3-975

万が一、晴智の後ろに山内が居たら
1-46-4863

うん。「ケン」ですなこりゃ。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-02-08 23:56 | 競輪予想

静岡G3-たちあおい賞争奪戦-第10レース S級特選

※PC版はこちら(笑)  

◆地元の大輔引き連れて、ここで逃げなきゃ男じゃないぜ!逃げてみせろ!エビ!!(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順(コメントは、「コンドル」誌より)
1 加藤 慎平 27 岐阜 81 S1 両
2 村本 大輔 30 静岡 77 S1 追
3 富   弥昭 34 山口 76 S1 両
4 遠澤 健二 40 神奈 57 S1 追
5 三宅   伸 36 岡山 64 S1 両
6 木村   勉 29 徳島 79 S2 追
7 海老根恵太28 千葉 86 S1 逃
8 小川   巧39 岡山 57 S1 追
9 市田佳寿浩30 福井 76 S1 両

【並び】 724 196 358

1加藤 「まだまだ公式行事が続いていますが、名誉な事なので。実質練習1日では。市田さんに任されたので実戦で脚を作りたいと考えています。自力・自在に。」-9市田 「落車は確かに痛いけど、幸い軽かったので練習はしました。慎平に任せてしっかり勉強させて貰います。」-6木村 「27番目で特選に乗れるとはラッキー。間があったので練習はしてました。中国の後ろは4番手になってしまうので、中部近畿の3番手に。」

3富 「この得点はたまたまです(笑)静岡は初めてなんですよ。岡山の2人に任された以上は気合入れての自力で。」-5三宅 「競輪祭の直後は思い切って休んで、それから乗り込んで来たので調子は変わらないと思いますよ。富が自力と言っている以上は。」-8小川 「今年は優出してないから、ここからがスタートと思っていますけど、前回が追加で中2日では・・・走ってみないとね。伸が居るなら無条件で。」

7海老根 「競輪祭の決勝は悔いは無いけど悔しさはありますね。まだG1を獲るには早かったんでしょう。逃げ切れる脚を作るしか。先行基本。」-2村本 「競輪祭の後に立川ダービーへ向けて宮古島へ仲間達と合宿に行きました。中4日だからぢ上部とは思いますけど、疲れだけが不安ですね。喜んで海老根君。」-4遠澤 「間隔も空いているし、状態としては悪くないですね。前2人はしっかりしてるので付いて行くだけですよ。」

1加藤-9市田というちょっと意外な中部近畿勢を、6木村が追走。
3富-5三宅-8小川の瀬戸内ライン。 
7海老根-2村本-4遠澤で地元南関ライン。の3分戦。

海老根は、結構村本に借りがあったりする。

あちこちの記念や特別で、逃げているエビが1着なのに、番手村本が4着だの5着だのに沈んだ事は数知れず。エビが捲り。ってのもあるんだけれど、逃げた時かんり援護して、車間切ってってやってるからだ。
これは、純地元の村本のために組まれたエビの恩返し&地元番組。

加藤の前受け、中団に富ライン、後方からエビライン。
もしくは、
加藤の前受け、エビの中団、後方から富の攻め。枠的に見ればこれか。

エビの得意は、捲り、カマシ。
抑え先行はあんまし巧いタイプでは無い。脚質を活かすのであれば、誰かに押さえさせておいての一気のカマシになりそう。

加藤は練習不足という事もあるし、初日特選で地元の大輔に競り込むような真似をする選手では無い。

富も中団キープでごちゃごちゃしたところを捲るのが得意な選手。
抑えるとすれば、後方の富。

【打鐘】

7海老根-2村本-4遠澤 
  3富-5三宅-8小川 
     1加藤-9市田-6木村

加藤としても、現在は「追捲」が脚質。
ならここは意地でも中団キープしたいところ。そうでないと、さすがにエビの逃げを7番手から捲るのは、並の先行屋でも至難の業。

なら中団が、もつれるのか、それとももつれないのか。
もつれてしまえばエビのペース駆け。

エビも本格先行屋では無いだけに、最終HSで流しそう。
ここで、浮いた富がどうするのか。が問題だ。

万が一、富がカマして出るような事があれば、エビとのもがきあいになってしまう。
もっとも、先行力では遥かにエビが上なので、最終主導権は取っている筈。
この時には

【BS】
     1加藤-9市田-6木村
        5三宅
           8小川
7海老根-2村本-4遠澤
                   3富

これなら楽々加藤の捲りは番手まで来る。
まずは1点目。この展開での番手=番手

2=9-68547

2点目は、加藤が練習不足、市田も本調子では無いだけに、中団富の場合。
ここはボックスで。
7258

最後に、エビがすんなりの場合ですが、これは書かんくてもお分かりのとおり(笑)
エビ。恩返しせい。見せ所だ。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-02-08 23:40 | 競輪予想

静岡G3-たちあおい賞争奪戦-第9レース S級特選

※PC版はこちら(笑)  
◆森田主導権は予想出来るものの、後方から社長が叩くのか、それとも捲りか。(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順(コメントは、「コンドル」誌より)
○ 1 佐藤慎太郎29 福島 78 S1 追
注 2 小野 俊之 29 大分 77 S1 追
× 3 山口 幸二 37 岐阜 62 S1 追
4 酒井 耕介 41 京都 56 S1 追
▲ 5 佐々木則幸29 高知 79 S1 逃
6 森田 達也 22 福島 88 S1 逃
◎ 7 小嶋 敬二 36 石川 74 S1 逃
  8 松岡 慶彦 31 栃木 74 S1 両
  9 鈴木  誠 40 千葉 55 S1 追

【並び】 528 734 619

6森田 「前回、得点落としたので特選は無理かなと思ってたんですよ。伏見さんの欠場で乗れたんですね。代わりに佐藤先輩の前で頑張ります。」-1佐藤「伏見さんの欠場は痛いけど仕方ない。沖縄で女房とリフレッシュして来ました。後輩森田に頑張って貰います。」-9鈴木 「競輪祭前の合宿を雪で乗り込めなかったがもう大丈夫。調子は心配してません。北日本はラインと思っているので、3番手。」

5佐々木 「競輪祭は練習不十分で迷惑掛けましたが、今回は納得するまでやったので熊本記念は楽しみにしていて下さい。その前にここで。自力です。」-2小野 「競輪祭で得るものがあったので、ダービーへ向けて修正しています。期待して下さい。必ずG1を獲って、GPに出ます。ノリ一本。」-8松岡 「前回の優出で特選に乗れたんですね。自力はあまり考えてません。鈴木さんが福島なら瀬戸内の3番手。」

7小嶋 「ダービーまでには完調に仕上げたいと思って練習してます。しかし幸二さんに任された以上は、現在の力で先行します。」-3山口 「小嶋と一緒ですか。この後も西王座、熊本記念、ダービーもですよ。僕の本番は熊本記念ですから(笑)頑張ります。」-4酒井 「前回から2週間以上あったので調子は良いでしょう。迷う事は無い。中部3番手。」

6森田-1佐藤-9鈴木で、お馴染み北日本+南関。
5佐々木-2小野の西遠征勢を、目標無い8松岡が追走。
7小嶋-3山口-4酒井で中部近畿ラインの3分戦。

佐々木、小嶋とも前回競輪祭では、余り良い所が無かっただけに、初日は見てみたい一戦。
ただ、小嶋の場合は基本的にビッグレースへ照準を合わせ、そこに向けて調整して行くというスタンスを取っているので、記念なんてものは通過点。
脚試しをして来る事はあり得るが、あくまでも勝ち上がりを睨みつつの展開だろう。

一方、佐々木は風邪も完治。今回はきっちり乗り込んで来たとの事。
得意先方がカマシ、捲りだけに、展開的には向く。

戦法からして、佐々木ラインの前受け、小嶋ライン、後方から森田ラインの攻め。
森田の上昇に併せて、一旦小嶋が踏み、その上を森田がどっかんの展開か。

【打鐘】

6森田-1佐藤-9鈴木
  7小嶋-3山口-4酒井
              5佐々木-2小野-8松岡

このメンバー構成で、森田は流すとすぐ叩かれてしまう。という懸念があるだろうから一気。
ならば、中団小嶋も特選だけに早めに仕掛ける。
佐藤が仕事出来ないBSでまでには決着が着きそう。

静岡バンクは、2コーナー手前では出切って無いと苦しい。
ならば、一気に仕掛けた小嶋に乗ってきているのは佐々木だが・・

【BS】

7小嶋-3山口-4酒井 5佐々木-2小野
         1佐藤-9鈴木 8松岡
                       6森田

山口は特選だけに、遠慮なしに仕掛けるが、前回の伸び脚を見ても若干物足りない。
とすれば、3番手に飛びついた佐藤とマッチレース。

まずは1点目。捲りきった社長がしっかり頑張れれば。
7=1-35289

そして、追い込み勢で
1=3-75289

最後に、しっかり佐々木が外踏んで追い込めれば
5=3-2198

以上で。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-02-08 23:14 | 競輪予想

武雄競輪F1-井上茂徳杯-最終日 11レース S級決勝(モバイル版)

※PC版はこちら
◆荒井が捲りなら実質峠の先行一車。競輪は、逃げる奴が一番強い!(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順(コメントは、「コンドル」誌より)
1 佐々木昭彦46 佐賀 43 S2 追 今回 予2, 準3
2 荒井 崇博 27 佐賀 82 S1 逃 今回 初2, 準1
3 峠   祐介 30 埼玉 78 S2 逃 今回 初5, 準2
4 近藤 俊明 27 神奈 87 S2 逃 今回 初8, 準3
5 三木 健治 30 沖縄 73 S1 追 今回 初8, 準3
6 大内 達也 33 宮城 72 S1 逃 今回 初9, 準1
7 渡邊 秀明 34 神奈 68 S2 追 今回 初6, 準2
8 武市 和人 32 高知 74 S1 両 今回 初9, 準1
9 飯嶋 則之 27 栃木 81 S1 両 今回 初3, 準2

【並び】 215 47 396 8

2荒井 「脇の下から後ろはしっかり確かめてましたよ。それにしても稲垣さんが飛んだので自分の番かなと思い緊張しました。昭彦さんに三木さんまで任されたので、積極自力。」-1佐々木 「上吹越が頑張ったからでしょう。大内に切り替えたのは地元の執念でしょうね。荒井の番手。出来ることなら優勝で、ファンにタオルをプレゼントしたいです。」-5三木 「藤田は作戦通りのレースをしてくれましたよ。稲垣との写真判定は興行的には稲垣となり負けるかと思ったけど、そうでなくてよかった。地元の3番手を固めます。」

3峠 「上吹越君が本格的な先行レーサーで無かったのが、精神面のゆとりとなり合わせられたと思います。熊本、小倉、九州は最高ですよ。先行。」-9飯嶋 「馬場さんがあそこまで行ってくれたからですよ。今回は何時もなら出ない3角からスムーズに出ているから調子は大丈夫。峠さんが先に乗っていたのもあって必至でした。勿論、番手です。」-6大内 「鎖骨骨折で苦しみ、今期も落車したけど練習だけはちゃんとやってました。流れが向いたこともあるが、この勝利はキッカケに成りますね。初手は関東から自在。」

4近藤 「秀明さんに入れて貰ったからですよ。荒井の踏み出しは強烈ですね。それでも連続優出は嬉しい。秀明さんの前で自力。」-7渡邊 「近藤は強いですよ。何も迷うことはありません。好きに走ってもらいます。そうすれば僕にもチャンスはあるので。」

8武市 「前のレースで大内さんが捲って勝ったでしょう、あれでやれるかなって。決勝では用なしと思いましたから一足早くガッツポーズをしました。切れ目から捲り。」

2荒井-1佐々木-5三木の九州ライン。
3峠-9飯嶋-6大内で、北関東ライン+大内。
4近藤-7渡邊の南関ライン。
8武市は単騎で切れ目から自力を狙う実質3分戦。

ここで、荒井が先行するのは考えにくい。初日、準決と捲り、捲りで上がって来た上、別線は徹底先行のイメージ強い峠。峠が逆に先行、先行で上がってきているだけに、現在の荒井に叩き合うだけの度胸は無いと見た。ならばコメントは正直無視していいと思う。捲り狙い。

近藤は、準決勝は巧い具合に秀明に拾ってもらい、きっちり追い込みを決めた。
再び、秀明が中団を取ってくれる展開ならば、中団自力か。

武市は単騎での戦いとなるが、先手ラインに乗っての捲り勝負。
展開的には連絡みもありそう。

荒井の前受け、峠ラインで、武市、近藤ラインの後ろ攻め。

このレース、近藤の動きが焦点となる。近藤には先行は無いので、どうしても目的は中団確保。
ならば、赤板前に「逃げません」の早めの抑え。
ここで、荒井が徹底先行タイプなら突っ張られてレースが終るが(この展開については後述)、ここは荒井は引くのではないか。

ならば、抑えて歩いた所を、峠が叩いて打鐘。

打鐘

 3峠-9飯嶋-6大内 8武市
← 4近藤-7渡邊 2荒井-1佐々木-5三木

さて、ここからが問題。

荒井は、すんなり7番手まで引くのか、それとも一旦上がって中団を獲りに行くのか。
中団並走なら、1センター前まで峠が流して、荒井が踏んできたのに併せて踏み出す。
しかし、すんなりの捲りであれば、やっぱり峠が先行。
3番手の大内としては、なんとか最後に捲りたい。なんで、BSで荒井が捲って来ていれば、捲たいんだけど、3番手の捲りは浮く。武市もその後ろであおりを食いそう。外に行く選手なので。

BS
        2荒井-1佐々木-5三木
      6大内    4近藤-7渡邊
←3峠-9飯嶋-  8武市

この時、近藤も捲れない。しかし、番手渡邊は追い込み選手。また、三木も若干立ち遅れ気味なので、渡邊の後ろに入っている可能性も。

峠は先行だが、ペースで駆けれるわけではないし、荒井という選手の捲りから逃げるのであれば、逃げ残っても3着が限度。逃げ切り、もしくは2着は考えにくい。

つまり、この時点での連絡み候補は
9飯嶋 7渡邊 5三木という事になる。
そのうち、番手に居る選手は、勿論飯嶋。

ここは、飯嶋軸で。
付ける大内との折り返しが一点目だけれど、3番手大内がどうしても仕掛けてしまう可能性が高く、その場合には後続の追い込み勢から。

9=6-全
9=7-全 どうせね。俺は3着抜けるんだから「全」で行くよぅ(T^T)。

押さえ評価は、荒井がコメント通り逃げてしまった場合。
この場合には捲りなんざぁ届かない。番手の佐々木も仕事をさせられるだけに、3番手王者、三木。準決の伸びは悪く無い。

2=5-178964 うん。これは絞れるでしょ(絞ってね~じゃん。。。)

以上で。競輪は、逃げる奴が一番強い!。A評価に近いB評価で!
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-02-05 22:52 | 競輪予想

熊本F1-日韓競輪親善大使記念 矢村正杯- 初日 第11レース S級特選

◆人気のツルが捲れるか、捲れないか。それとも叩くのか。それだけが焦点(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順(コメントは、「コンドル」誌より)
○1 島田 竜二 31 熊本 76 S1 追 3.69 0.0 104.03 奈F1 初5, 準1, 決3
×2 佐藤 友和 22 岩手 88 S2 逃 3.57 0.0 106.22 久F1 初3, 準9, 般1
  3 大久保義郎38 広島 57 S2 追 3.71 0.0 103.24 宮F1 初2, 準未, 決5
▲4 矢端 誠二 40 群馬 55 S2 追 3.71 0.0 103.66 塚F1 初7, 準2, 決2
  5 吉岡 篤志 26 徳島 82 S1 両 3.62 0.0 104.03 松F1 初3, 準1, 決8
注6 乾   準一 30 大阪 85 S2 逃 3.71 0.0 102.80 豊F1 初3, 準8, 抜9
◎7 平沼 由充 30 福島 83 S1 追 3.77 0.0 107.31 宮F1 初5, 準未, 抜1
  8 北津留 翼 20 福岡 90 S2 逃 3.57 0.0 107.28 久F1 予1, 準2, 決1
  9 井上   薫 47 大阪 42 S2 追 3.62 0.0 102.35 岸F1 初6, 準6, 選4

【並び】813 274 695

※Exciteブログがよりによってメンテナンスだったため、再掲となりました。

8北都留
「アジア大会でインドに行き、年頭はオランダのワールドカップで何戦かして1度だけ優勝しました。熊本は僕にとって特別の地ですから、自力で力出し切りますので。それにしても熊本のファンには何時も感謝してます。必ず恩に報いる強い選手になりますから。」-1島田「クリスマスF1で3連勝した時よりは上の調子と思います。北都留には切れません。後方に置かれたらアドバイスするかも。」-3大久保「悪くは無いですね。竜二とは仲良いので、その後ろ。」

2佐藤「北都留にリベンジと思ってますが、それは勝ち負けであって死ぬようなレースはしません。調子の方は大丈夫。500も苦にならない。」-7平沼「谷津田グループからは出て、いわきの方で弟子達と練習してます。S級Vは3回、京王閣のVは自信になりました。友和の番手。」-4矢端「前橋は風が強くて練習したけど苦しかったですね。北日本の3番手に喜んで。」

6乾「競輪祭の期間中は若手を連れて合宿してました。調子も戦法も何時もどおりで。」-9井上「岸和田の準決で乾に切れたけど、サイクルセンターで一緒にやってるので大丈夫。」-5吉岡「小倉さんの優勝にはシビれました。風邪から体調はイマイチなので、調子は走ってからで。空いている3番手。」

8北都留-1島田の九州ラインを、島田と親交ある3大久保が追走。
2佐藤-7平沼の北日本ラインを、4矢端が追走で東遠征勢。
6乾-9井上の近畿ラインを、「空いている3番手」で5吉岡が追走しての3分戦。

北都留は、自分の脚質を良く分析しているようで、現在の段階ではおのずと戦法も限られてくる(というか、HSからのカマシか、捲りしか見たことない・・)
今回は、徹底先行の乾、捲り屋の佐藤、そして北都留なので初手の位置関係が読み易い。

北都留ラインの前受け、中団佐藤で、後方から乾の攻めでほぼ間違いなかろう。

乾の戦法は「ドンガマシ」。ってかそろそろ戦法覚えいよ~^^;。。。
中団の佐藤は叩き合いするタイプでは無い。北都留も然り。「乾をぶっ潰す先行で名前を売ってやろう。」って考えの選手では無いもの。
ならば打鐘では

打鐘

←695 274 813 が妥当でしょう。

乾の場合、後方から叩いてきた選手に併せて踏んだりというレースは出来ない^^;
早々に一本棒になる。
だから、ツルが捲れるのか、捲れないのか。だけが焦点となるのです。

恐らく、ツルにしてみれば、これまで戦って来たどんな選手とも戦法が違う。
玉砕のようであり、玉砕のようで無い。そんな先行が乾の持ち味。
ならば、中団の佐藤は動かない。慌てて仕掛けて、ツルを2センター6番手に持って行くような真似をする選手では無い。

ツルの戦法からして、遅めの捲りは無い。ならば2角で仕掛ける。
でも佐藤は動かないから、本当の意味での7番手捲り。
もしかしたら、乾の番手、井上が華麗なる「ツキバテ」を演じれば、10番手くらいになってしまう可能性も。(正月岸和田F1では、打鐘でもう切れてた^^;。。)

最終2角
        813
←695 274

ほら、佐藤君。出番だよ。
ツルのダッシュ捲りに佐藤が併せる事が出来れば、中団は縺れる。
ダッシュ捲りなだけに、3番手の大久保は付いて行けず、内に降りているのでは。

最終BS
      81
    274 3 
←6 95

好調、佐藤の番手、平沼に託す。
ここは、「切れませんよ。」のコメントに期待して、対抗一番はツルの番手、島田。
3番手の大久保も前回動き軽快だっただけに連対抗。
更に、乾の3番手からの先捲りで吉岡。風邪だけに評価下げた。
そしてやっぱりこいつは買わなきゃだわ。乾で。

1点目は、
7=1-24356

2点目は
7-2-41356

そして変目。
7-36-1428

以上で。
北都留は、こないだ初めて生で見たけど、決して弱い選手では無いみたいです。
絶対に好きになるタイプではないですけどね(笑)
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-01-31 10:56 | 競輪予想

小倉G1-競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦- 最終日 11レース S級決勝

◆実質海老根の先行一車。活かせるか。それとも小倉の魔物に食われるか。(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順
×1 加藤 慎平 27 岐阜 81 S1 両 3.57 0.0 112.92 今回 予1, ダ4, 準1
  2 吉岡 稔真 35 福岡 65 S1 逃 3.57 0.0 111.37 今回 一4, 二1, 準3
○3 佐藤慎太郎29 福島 78 S1 追 3.62 0.0 113.87 今回 予4, 二3, 準2
◎4 海老根恵太28 千葉 86 S1 逃 3.64 3.0 109.81 今回 予1, ダ8, 準1
  5 小倉 竜二 29 徳島 77 S1 追 3.64 0.0 111.81 今回 予3, ダ3, 準2
  6 志智 俊夫 33 岐阜 70 S1 両 3.64 0.0 108.03 今回 一4, 二3, 準3
▲7 岡部 芳幸 35 福島 66 S1 両 3.64 0.0 111.84 今回 予2, ダ6, 準2
  8 佐々木龍也40 神奈 57 S1 追 3.57 0.0 109.90 今回 一1, 二1, 準1
注9 有坂 直樹 36 秋田 64 S1 追 3.64 0.0 110.97 今回 予9, 二3, 準3

【並び】16 25 379 48

1加藤「稲垣さんは山崎に合わされたと思ったので付いて行かなかったんですよ。サラ脚で捲ったのに、抵抗した山崎は強いですね。それと若手の面倒を見ている志智先輩と一緒に決勝に乗れたのも嬉しい。南関の3番手も考えたけど、決めず自力・自在に志智先輩とワン・ツー決まればと思っています。」-6志智「7番が邪魔になって慎平に付いて行けなかったが、結果としては良かったみたいで、武田に出られたら被るから自分でも仕掛けた結果が3着で決勝進出。これまで積み上げて来たものが実ったと思います。慎平の好きに。」

2吉岡「捲って行こうとしたら、石毛が行ったので神山さんの動きを見ながら上を捲って行くつもりでした。結果は3着でも、絶好調で無いのに決勝に乗れたのは2予で行ってくれた哲男のお陰です。応援してくれる全国のファンのためにも、狙うのは優勝。それしかありません。」-5小倉「これも僕と吉岡さんの相性ですね。一本棒にならなかったのも幸いしました。ゴール前では僕も必死だったので、つい吉岡さんに当たってしまったが、2人で決勝に乗れたんですから。決勝も勿論吉岡さんの番手。6年前の再現になれば最高ですけどね。」

3佐藤「山崎は本当に頼もしい弟弟子ですね。慎平を止めたかったが、技量不足で出られてしまい、山崎を残せなかった。これで競輪祭は3年連続で決勝進出。話をして僕が1番前に成りました。鐘から先行でもしてみますか(笑)前々好位」-7岡部「有坂さんはちゃらんぽらんの様にしているが、ああしていても作戦だけはしっかり授けてくれる頼もしい先輩なんですよ。内を抜けたのは開いていたから。モガいたと言っても半周ですから。千葉ダービーVから6年、そろそろ欲しいですね。初日同様慎太郎に任せるのが筋なので。」-9有坂「岡部の動きに一瞬立ち遅れたが、チャンスは必ずあると思って、トカが内を空けるのも狙っていたんですよ。2センターで上がったのですかさず突っ込みました。いきなりのG1決勝とは最高ですね。僕は岡部に任せます。」

4海老根
「前々に攻めたのが勝因ですね。外を警戒していたら岡部さんが内から来たでしょう。後は内を締めて落ち着いて踏みました。G1は全日本から連続。チャンスがある以上は狙います。先行主体の自力ですね。」-8佐々木「昨年の10月は腎臓の調子が悪くてここを休んだのに、よくぞここまで立ち直れたと自分自身がびっくりしています。石毛のお陰ですね。G1の決勝は、10年前の寛仁親王牌以来だそうで、40過ぎてよもやこんな晴れ舞台に立てるとは夢のようです。海老根君の番手でがんばります。」

1加藤-6志智の中部ライン。
2吉岡-5小倉は準決同様。
3佐藤-7岡部-9有坂の北日本ライン。
4海老根-8佐々木で南関ライン。

とうとう海老根にチャンスが回ってきた。実質、海老根の先行一車。
確かに、準決勝のエビはバカ強かった。EBIちゃんといい、時代はエビなのか(意味不明)

さて、今回のエビは抜群の動きで勝ち上がってきた。初日のカマシ、2日目の叩き先行。
3日目、ここで叩き先行の上、捲られてもその番手に入り込み差し込んだあの脚は超抜。

誰もがこの3番手、もしくは番手が欲しいところ。

加藤の前受け、吉岡ライン、佐藤ラインで、後方から海老根ラインの攻め。

正直書くと、海老根は取りに行く。いや、それでいいと思う。
となれば、一番の敵は、番手で絶好調の佐々木と、捲りの吉岡だ。
となれば、まず吉岡封じに動く。

赤板
48 379
←16 25

打鐘前に、ゆっくりと抑えて打鐘。

打鐘

←48 379
16 25

さて、問題はこっから。
当然、慎平も3番手or番手が欲しい。
でも、そこには慎太郎が居る。

ここからが、有坂の授ける「作戦」。慎太郎の、「打鐘から先行してみますか。」はフェイクじゃなかったりする。慎太郎にとっても、佐々木、慎平は厄介な存在だからだ。

この展開だと見る。つまり、慎太郎が一旦叩いて出る展開。

最終HS

←379 4816 25

海老根の持ち味は、カマシ、捲り。これなら、エビは好きな位置から得意のカマシ炸裂。
慎太郎は番手飛びつき。オールスター競輪、決勝の再現だ。
佐々木は元々ヨコが出来るタイプでは無い。しかもダッシュカマシには弱い。

最終BS
816 25
←4379

勘違いしちゃいけない。慎平は、「追捲」であり、「先捲」では無い。
この位置から捲っても一銭も要らん^^;
こうなれば、エビの連はほぼ確実だが、3番手から早めに踏み出す岡部。これが浮く(笑)
岡部はこういう展開まったくダメ。

当ブログの本命は、この2人の折り返し。

4=3-71625

エビがボケで、番手並走を尻目に逃げるなら、吉岡が魅せる。
この時には、加藤が併せて発進。でも吉岡の捲りに乗って、伸びるのはずばり小倉。

裏の本線は

5=47-31629

そして最後に。
エビがすんなり逃げれば、今回の佐々木のデキなら五分。

4=8-3759

このチャンス。活かさなきゃ。
逃げる勇気があれば、必ず獲れるはず。エビ。がんばってみい!!
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-01-29 01:14 | 競輪予想

小倉G1-競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦- 3日目 12レース S級準決勝

◆う~ん。こちらも「出来れば捲りたい」組。4番手の位置取りは熾烈になりそう。(予想評価:C)
※印は◎○×▲注の順
◎1 加藤 慎平 27 岐阜 81 S1 両 3.57 0.0 112.96 今回 予1, ダ4
○2 佐藤慎太郎29 福島 78 S1 追 3.62 0.0 113.96 今回 予4, 二3
×3 武田 豊樹 32 茨城 88 S1 逃 3.57 0.0 113.08 今回 予7, 二3
  4 志智 俊夫 33 岐阜 70 S1 両 3.64 0.0 107.93 今回 一4, 二3
▲5 山崎 芳仁 26 福島 88 S1 逃 3.71 0.0 111.06 今回 予3, ダ9
  6 武井 大介 25 千葉 86 S1 逃 3.57 0.0 106.48 今回 一4, 二1
  7 兵藤 一也 27 群馬 82 S1 追 3.64 3.0 112.96 今回 予3, ダ5
注8 渡邉 晴智 32 静岡 73 S1 追 3.57 0.0 108.59 今回 一1, 二1
  9 稲垣 裕之 28 京都 86 S1 逃 3.62 0.0 108.39 今回 予8, 二2

【並び】52 914 37 68

9稲垣「メンバーを見て、カマシと決めたんですよ。後ろは内林さんと信じてました。それにしてもゴールまでが長かった。。。自力。」-1加藤「あの展開で兵藤を抜いたし、感じは日増しに良くはなってますね。喜んで稲垣さんに。何れにしろ決勝に乗れるよう、頑張ります。」-4志智「誠(鈴木)さんが武井に付いて行かなかったので、目標にして捲りに行っただけですよ。山口幸二さんの執念を見習いました。慎平へ。」

3武田「神山さんに残して貰いましたね。練習不足かGPの疲れかははっきりしないけど、見ての通りの調子ですが、現在の力で精一杯頑張るしかないので。」-7兵藤「調子の方は悪くは無いと思うけどね、自分の場合はその日その日で変わりますからね(笑)武田さんの番手とは気合が入ります。」

5山崎「海老根さんを出して中団捲りでも良かったけれど、準決のことを考えて思い切って逃げたんですよ。自力。」-2佐藤「3着の自信はありました。それにしても龍也さんの内掬いは早いですよ。一発振った時には来られてました。山崎に頑張って貰います。」

6武井「1予で落車しても2予を走れたのが大きかったですね。兄弟子に任されていたので、捲り切るのに必死でした。自力です。」-8渡邊「僕は何もしてません。前の2人に付いてっただけですから。1着なので調子は良いと思うんですけど。武井。」

3武田-7兵藤の上信越ライン。
5山崎-2佐藤の北日本ライン。
6武井-8渡邊の南関ライン。
9稲垣-1加藤-志智で中部近畿ライン。の4分戦。

稲垣が先行するっかないメンバー構成。
武田も2車では先行しにくいし、山崎は先行するわきゃないし、武井にも先行は無い。

山崎の前受け、武井ライン、武田ライン、そして稲垣ラインの後攻め。
う~ん。これは微妙。

稲垣が抑えて歩いてとすれば、4番手はもつれてしまう。
稲垣としてはそれが理想。なんだけど。。そんなレースになるんかいな。。

ただ、どっちのラインが先手を取ったとしても、武井ラインはそこにくっついてくるので、いずれにしても縺れるんだけど・・・。
稲垣の先行で、歩いた所を山崎のカマシで行ってみましょう。

山崎がかませば、必然的に3番手に入り込むのは稲垣。
車間を切って、一気に捲る・・けど慎太郎なら止めるし。。。。

こうなれば、慎平がシビアに立ち回る。
後は後方から捲ってくる武田だけが注意となりそう。

慎太郎の今回のデキは、2日目まで見ても微妙。
なら慎平でフォーメーション。

慎平の、1着、2着、3着固定の、連は
1=23584-23584
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-01-27 20:20 | 競輪予想

小倉G1-競輪祭朝日新聞社杯競輪王決定戦- 3日目 11レース S級準決勝

◆番組屋が必死で考えた、吉岡残しのロートル番組。でも現在の吉岡では・・。(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順
○1 前田 拓也 32 大阪 71 S1 追 3.57 3.0 109.71 今回 予1, ダ1
  2 神山雄一郎37 栃木 61 S1 両 3.64 0.0 111.24 今回 予7, 二2
注3 吉岡 稔真 35 福岡 65 S1 逃 3.57 0.0 111.26 今回 一4, 二1
▲4 佐々木龍也40 神奈 57 S1 追 3.57 0.0 109.75 今回 一1, 二1
  5 小嶋 敬二 36 石川 74 S1 逃 3.57 0.0 113.27 今回 予2, ダ7
  6 石毛 克幸 29 千葉 84 S1 両 3.64 0.0 104.83 今回 予落, 二3
  7 伏見 俊昭 29 福島 75 S1 逃 3.71 0.0 111.90 今回 予7, 二2
×8 郡山 久二 41 大阪 55 S1 追 3.64 0.0 107.92 今回 一3, 二2
◎9 小倉 竜二 29 徳島 77 S1 追 3.64 0.0 111.75 今回 予3, ダ3

【並び】518 72 39 64

3吉岡「僕よりも哲男に感謝です。それだけですよ。本当は渡邊を止めたかったんですが、それにしても疲れました。自力で力の限り。」-9小倉「2日間、見ての通り調子の方はなんら問題無いでしょう。吉岡さんの番手とは光栄ですね。何回も世話になってますからね。やりますよ。」

5小嶋「力を出し切る展開にならなかったので、今日は体調のためには良かったと判断してください。2日目の分まで自力で頑張ります。」-1前田「僕の調子も良いですけど、流れが最高ですね。捲りの村上を交わしたのは自信になります。小嶋さんの番手は緊張するけど、チャンスなので。」-8郡山「調子がどうのより、流れが良いですよね。G1が久しぶりなのに、準決とかは忘れましたよ(笑)。拓也の後ろへ。」

6石毛「高木さんからは幾通りもお作戦を授けられました。稲垣が下げてくれてラッキーしましたよ。飛びついたのは計算通り。しかし準決を走れるとは。一番自分が驚いてます。積極的な自力で。」-4佐々木「被ったので外へは行けず、内が空いたから自然に体が反応してしまいました。慎太郎も3着で良かった。ラインの石毛一本。」

7伏見「僕のラインが3人だったのが大きかったですね。抑えて駆けるより、カマシの方がこのバンクには合っていると思いました。自力。」-2神山「落車の影響は無いみたいですね。武田と一緒に準決を走りたかったので、車間をきりました。抜かれたのは晴智の力でしょう。伏見の番手とは嬉しいですね。」

3吉岡-9小倉の西混成ライン。
5小嶋-1前田-8郡山で、中部近畿ライン。
6石毛-4佐々木で南関ライン
7伏見-2神山の混成ライン。の4分戦。

ん~。。。
吉岡の前受けは無いから、小嶋か伏見の前受けとなりそうなんですけど(石毛は枠的には後ろ攻めだと・・・)
伏見は捲りたい。石毛も勿論。吉岡は捲りしかない。
本当は、小嶋も逃げたくない。自分のデキが解っているならなおのこと。

でも、他が全部捲り屋であるなら、我慢して。。。

石毛ラインの前受け、吉岡ライン、伏見ラインで後方から小嶋ラインの攻めと見たい。
石毛は、前受けからの飛びつきもしくは引いてやり合いを捲る両面策。

小嶋が上がって伏見ラインを抑える。蓋して蓋して打鐘
あ~でもそれでもこの位置か。。

打鐘

  518 72 
← 64 39

小嶋が一旦、抑えて歩く。
最終HSで、誰も来なければ自分が先行(逃がされ)。

でもここは、調子も悪い。デキも良く無い。
でも。でも地元。捲り不発で決勝に乗れないよりは、番手小倉に仕事して貰って何とかしようや稔真君。

吉岡のカマシ。

小嶋はこの3番手に嵌まり込み(小嶋が良く取る戦法)

←39 518 72 64

こうなると、伏見のラインは要らなくなってしまう。
3番手から小嶋が捲ろうとするけど、今回のデキならズドンとは行けない。
しかも、置きに行った3番手は捲れない。

最終BS
  518 72
←39 64

番手前田が先に下りてくるか、それとも郡山か。
いずれにせよ、外踏んでいる伏見ではどうしようも無い。

小倉だけに、食わずもあるかも。
ここは男気に託す。競輪は、逃げるヤツが一番強い!

1984のボックスで。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-01-27 20:17 | 競輪予想