カテゴリ:日々( 27 )

赤ちゃん

いやぁ。。。こりゃこりゃ。忙しすぎて書く間も無い。。。
よって打鐘の音さえ聞けない。。。しくしく。

ところで、今年って出生率、多くないですか?
私の周りはなんか新生児だらけ。男の子と女の子の比率、1:2。
やっぱ女の子の方がちと多い。

相方が丁度そういう年代なので多いのかもしれないから、気のせいだとは思うのだけど。。

一人の子は、双子。昨日生まれました。男の子と女の子、一人づつ。
さっきメールが来たけれど、よう親に似てる(笑)。美男美女のカップルだったので、子供がま~良く似て美人ですこと(^-^)。
美人はやっぱちっちゃい時から美人なんだな(爆笑)

ただ、名前を聞いてびっくり。というか。。。
女の子は和香と書いて(のどか)。
男の子は知也と書いて、ともや。

親の姓は、福田。

女の子は、ふくだのどか。男の子は。。。。。

いい選手になってくれ。福田知也!おっちゃんは期待してるぞ!(爆)

しかし何でよりによって福田知也なんだろう。。。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-10-05 11:00 | 日々

多分俺にゃぁ無理だと思う

昨日、1年以上前から連絡の無かった方から、突然電話。
「お久しぶりです。ところで、儲けたくないですか?」
「は?儲けるようないい話、転がってきたんですか?」
「株ですよ。やりませんか?株。」っていきなり本題炸裂。

彼の話では、昨年の12月からこれまでの間に、IPO株なるものをゲットし続けて、現在の純利益が1,000万円を越えたそう。
元々は病院の臨床管理技師って堅い職業の方なんですけど、儲けることに非常に貪欲で、研究熱心で真面目な方。
その人が言うことにゃ、IPO株は、通常の株と違って、片手間で出来て利益率もなかなかとか。
ふ~ん。てな感じで聞いていたんですが、なんか全然ノリ気にならなかった(笑)。
丁寧にお断りしたんですが、勿体無いことをしたかな(笑)

ってか私、多分株の運営は出来ない。性格的に。
すぐカッとなっちゃうタイプだし、空気嫁ないタイプなんで、恐らく大損必至(大爆笑)。
で、きっと株で損して先物取引とかに手を出しちゃって滅ぶのは必定。
なら最初から手ぇ出さない方がいいもの。

多分、凄く面白いんだろうと思います。
競輪に通じる部分もあるもの。要は、オッズが高そうな上がり目の選手に賭けるという。
松戸F1の乾 準一(大阪85期)に賭けるみたいなもんだもんね(^-^)。
でも私、そういった賭けの300円や400円でも取り逃がしてる。元々向いてないんだと思う。そんなヤツが株なんかに手を出した暁にゃ。。。(汗)

私の身内で一番向いてると思うのは眉ちゃんと兄ちゃんだけかな。
5人兄弟(爆)の中で、兄ちゃんと彼女の分析能力。そしてここ一番の勝負勘ってのは私には敵わない部分だし、末弟やもう一人の弟(彼女の旦那)にも無いものを持ってる。
そういう部分だけ取れば、眉ちゃんが一番だろう。
大体、男衆はカッカし過ぎだっつ~の(爆笑)。

最近は、競輪と株と両方やってらっしゃるファンも居れば、選手も居ます(^-^)。
凄いなぁ。羨ましいなぁと思う反面、やっぱ自分には出来んだろうな。というあきらめみたいな感情がどどどどどどっと湧き上がってくるのはなんか悲しいですね(^^;

つか「じゃあその元手を競輪で作ってやろう」と思ってる時点で、既に無理なんですが・・・
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-09-07 18:36 | 日々

ヒロキです。

ヒロキです。東京までやって来たとです。
ヒロキです。せっかくパソコン持って来たとに、ホットスポットの使い道が分からんとです。
ヒロキです。仕方ないのでネットカフェに来たとです。

ヒロキです。「とうきょう」と書かれた東京駅のプレートを見て感涙にむせびました。
ヒロキです。九州では平屋の新幹線しか見たことなかとに、2階立ての新幹線が走りよるとです。
ヒロキです。ラ・ピスタの会員になったとです。
ヒロキです。入会手続きばしよったら、オジサンがやって来て、会員証無しにラ・ピスタに入ろうとしよったとです。係員に止められよったとです。
ヒロキです。オジサン、受付のお姉さんに大阪弁で食ってかかりよったとです。
ヒロキです。困ったおねいさんは、場外車券売り場として、なんでか西武園競輪場ば教えやがったとです!!
ヒロキです。そりゃあんまりやろうと思うて、オジサンに「京浜東北線乗ってったら、川崎競輪場に直行で行けるで~」と教えてあげたとです。
ヒロキです。おねいさんからお礼ば言われたとです。オジサンからもお礼ば言われたとです。

            って何であんたが教えない。。俺は福岡だっつ~の。

ヒロキです。昨日は川崎でフィーバーしたとです。
ヒロキです。乾 準一(大阪85期)、本当によか選手です。強くなって欲しかです。
ヒロキです。中川誠一郎(熊本85期)は、乾のレースに感化されて、打鐘から先行して着外に沈んでしまったとです(笑)
ヒロキです。久富 武(岡山79期)-桑原太志(山口80期)のラインがまさか川崎で見れるとは思わず、嬉しかったとです。
ヒロキです。高木隆弘(神奈川64期)は、泥船(静岡88期)に乗せられて可哀相かったとです。ばってん、今日はしっかりした目標というよりしっかりし過ぎる目標(乾君)があるとです。

    ってなんでや。山根義弘(山口47期)が西で主張すりゃいいじゃんか!!

ヒロキです。のっしい師匠と、クレイジーケン(爆)さんとあきちゃんと末弟にお会いできたとです。
ヒロキです。失礼が無かったかとも~正直どきどきしとるとです。
ヒロキです。やっぱ初めて会う時は人見知りするので緊張するです。
ヒロキです。高い所が好きな人が居ったとです。

ヒロキです。今秋葉原に居るとです。
ヒロキです。仕事だよっ^^;。。。
ヒロキです。メイドのね~ちゃんが居るとです。萌えとるとです。(*´Д`)ハァハァ
ヒロキです。あああああっ。付いて行ってしまいそうです。(*´Д`)ハァハァ

さようなら・・・さようなら・・・ヒロキです・・・ヒロキです・・。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-27 11:01 | 日々

移動の道すがら

タイミング良くでは無いのですが、これまた昔の話。
最近、車の移動の道すがら、昔のCDを引っ張り出して聞いてます。
元々、バンド好きなんですけど、最近の子たちの曲は殆ど聴きません。
曲が全く面白みが無いのと、味も無ければ個性も無い。そんな感じがするからです。
そして大事なものがない。

私はデビュー当時から、爆風スランプというバンドが物凄く好きでした。
その、「今のバンドには全く無いもの」を彼らは持っていました。

「暑苦しさ」

当時のロックバンドって妙に暑苦しいんですよ。私が好きなバンドは特に。
ハウンドドック、聖飢魔II、そして爆風。
爆風と聖飢魔IIはまぁ姉妹みたいなもんですから(笑)、カラーは違えど暑苦しさは同じ。

なんせ変なんですよ。とにかく変に暑苦しい。
著作権の絡みもありゃするんですが、爆風スランプの2枚目のアルバム「しあわせ」の中に、「おしゃれな東京タワー」という曲がありまして。
この曲、とにかく変。
「偉そうに立ってる東京タワー」、「電飾ぴかぴか おしゃれだね~」、「俺達お前なんか嫌いだよ~」と、東京タワーにひたすら喧嘩を売るという。
かなり衝撃的な(笑)内容の歌詞です。

ちなみに、大ヒットした「大きなたまねぎの下で」は、このアルバムが初出。
「せたがやたがやせ」、「来たぜ!」と、とにかく私にとっては名曲揃い。

世間一般に認知されたのは、例の「Runner」以降になるんですけど、あれは結構異色作ですねえ。本来の味って、それ以前だったような感じです。

もっとも、その後もエロ暑苦しい曲を連発してたので、ずっと聴いてました。

IBW-It's Beautiful World-あたりでは、中国の天安門事件の事を唄っていますが、彼らは反対とも賛成とも唱えない。
愛や自由が全てと言う人たちに、「これが俺達の世界」と切って捨てる。
皮肉たっぷりの泥臭さと、暑苦しさ。
あの時代だったから、光って見えたのかもしれません。

今その流れをしっかりと受け継いでいるのはウルフルズくらいかな。

若い男の子諸君。カッコいいっちゃこういうことかもしんないぜ。ってオヤヂ世代は呟いてみる(笑)
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-26 01:32 | 日々

白いワンピースの子

2~3日前から、ず~っと脚の裏が痛くて、突っ張るような感じがあったので、「アキレス腱が切れよるんか?」と思ってたんですね。

で、静かにしてたら痛みも取れて来たので、ほっと一安心。(ってか病院行けよ。)
ところが、一昨日、深夜のこと。
寝てたら脚の裏では無く、脚の甲にザクザクと刺すような痛みが。
痛くて起きるんですから、よっぽど痛かったんでしょう。
で、起きるたびに変な気配を感じるんですよね。これが。

顔こそはっきりしないんですけど、服装ははっきり解る。
真っ白のワンピース。肩は出ててちょうどなんだろ、ええと、肩のとこだけ紐が付いてるやつ。
歳の頃は18~21歳くらい。若い娘さんのようです。

まぁなあ。気のせいだろう。と思っていた矢先の出来事。

今日の朝、会長から電話があったんで、その電話に対応していたら、突然
「あら。倉ちゃん女の子と一緒に居るんか?」との問い。
「はぁ???????。何言ってんですか。んなわけないでしょ。」
「今な、電話の向こうで、「誰?」って女の子の声がしたぞ。嘘言わんでいいから(笑)」
「ちょ。ちょっと待ってくださいよ。私今本当に一人で、部屋に居るんですけどぉ。」
「んあ?はっきり聞こえたぞ」

なんだそれわ。
その瞬間、頭の中に競輪場のレース後のような声が響く。

決定・・・・・


決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



にゃろ。お前か人が寝てる時に足ザクザクやったのはぁっ!!
畜生!!やめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・てくださいお願いします(w

こうなって来ると、車券成績の悪いのも、近況の不調も全てこやつのせいにしたくなるから人間ってヤツは不思議(笑)
ま、そのうち居らんようになるけ、放置プレイに決定。

-----------------------------------------------------------こっから別のお話。

最近、ある漫画を読みふけっています。
かわぐちかいじ氏の「ジパング」。いやいや、これ面白いし。

前作、「沈黙の艦隊」でも、「戦争を通しての人間」を描ききった氏ですが、この「ジパング」は舞台を昭和18年。太平洋戦争の真っ只中に移し、当時に生きる人々との葛藤、衝突、和解を描いています。

平成の世を出航した海上自衛隊が、最新鋭洋上イージス艦と共にミッドウェー海戦の艦隊の中にタイムスリップしたところから話が始まります。

なぁんだ「戦国自衛隊」や、「ファイナルカウントダウン」と同じじゃん。という方も居られるかもしれませんが、類似するモチーフを使いつつ、全く違う世界。

恐らく比較するとすれば、同時代よりちょい前。真珠湾攻撃の直前にタイムスリップした原子力空母ニミッツが、歴史に介入するか、しないかの瀬戸際で結局介入せぬまま、現代に戻ってくるという、「ファイナルカウントダウン」が近い話なんですが、「ファイナルカウントダウン」が予定調和というか、他の歴史を変えうる誰かと出会う事も無く、もちろん交戦も無く、ただ淡々と「行って戻って来た」という話に対し、この「ジパング」ではさすが漫画というべきか、歴史にどんどん介入して、やがて海戦史を大幅に塗り替えて行きます。
(山本五十六の命日は、予定調和で合わせてあったみたいですが(笑))

まだ続いてるので、最終的にどうなるか解りませんが、歴史上は自分の父親であるハズの子供が既に他界していたり、本来戦死していたはずの多くの兵隊さんが生き残っていたり、とにもかくにもも~滅茶苦茶です(笑)
不思議と、「絶対次が読みたい!」と思わせてくれる作品なので、お暇があればどぞご一読下さいな(^-^)。

しかし、氏の描く世界は、いっつも自衛隊が掲げる「専守防衛」のライン引きの難しさというか、空虚さというか。
「やられなきゃやり返せない」という大義名分の下、現在の我が国の自衛隊が存在しているわけなんですが、「やられたら全滅しとるだろ」という矛盾を見事に突いた世界と言えます。

このお話は、書くと長くなっちゃうので、またの機会にれっつらご~。
さて。ナウなヤングはディスコでフィーバーと行きましょうか。。。死語死語(笑)
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-22 20:41 | 日々

みっともないでしょ。

結局、ホリエモンこと堀江貴文氏(ライブドア)は、亀井静香氏が立候補する広島6区へ出馬表明。昨晩、尾道市に降り立ちました。

ん~。前から書いていた通り、彼は「企業屋」さんだから、「政治屋」向きでは無い。
「政治屋」に利用されたという感が拭えないんです。
正直やって欲しくなかったというのが本音ですが、おまけに出馬政党は何と「無所属」。意味がさ~っぱり解らん。
それでも武部幹事長が挨拶来とるし(苦笑)。
これは、自民党候補であるなら、ライブドアの社長を退くべし。という勧告を拒否したためという事でしたが、な~んか嫌だなぁ。

公明党の神崎代表は「一番理想的な形での立候補」と言っていますけど、これが本音ですね。「対亀井砲としての潰し候補なら、自民党では無く無所属が軋轢が無くて良い」という意味と、もう1つ、重大な意味を持っていますね。これは決して気持ちいいものではないです。

要は、自民党が堀江氏を擁立した目的は、「亀井潰し」だけであって、それ以上の目的は無い。
郵政民営化に反対する連中を片っ端から潰すのが目的で、なんか政策を前面に押し出した感じが全然見えてこない。
確かに、「郵政民営化法案」を成立させるという大目標はあるにせよ、仮に成立したとしよう。
それじゃその後、堀江氏はどうすんの?。

堀江氏自身、「郵政民営化はしなくてはならない。」と考えている一人なんで、そこは問題無いにしても、彼自身の口から「○○だから郵政民営化は必要。」という確固たる理由はまだ聞かれていませんし、恐らく明確なビジョン無しに言ってるんで、スカスカ。
立候補の意思表明も聞きましたが、ありゃ単に近所の兄ちゃんが、有権者の一人として立ったという感じかなあと(笑)。

彼の本領は前にも書きましたが、「壊し屋」だから、自民党に置いておけば、また政界分裂の引き金になりかねない。
神崎代表が「理想的な立候補の形」と言ったんはまさにこのことではなかったか。
郵政民営化法案の成立までの使い捨て。なんですな。

でもま、頭の良い堀江氏のこと。このあたりは解っている上での立候補と思います。
と信じたい^^;。。

で、堀江氏の会社、ライブドアは、こういう姿勢ということで、一線を画すようですが、これは一定評価です。政治の宣伝手段として、マスコミを利用してはいけません。
ライブドアのことだから、やるんかな~と思ってました(笑)
Yahoo!や楽天なら平気でやるだろう(爆笑)

みっともなかったのは、このホリエモンの立候補に当てられた形の亀井静香氏。
「なんで政治の場に出られるのかね。お金の力で人の迷惑なんか関係無しに「儲けるんだ」という人が政治の場に出て何をやろうとしているのか。政治は金儲けに来るところではない。」

(゚Д゚)ハァ?金儲けだろ。


いや、冗談はさておきこれ、有権者が言うんならいいんですよ。
同地区の対立候補者が言っちゃいかんだろ。。負け惜しみみたいに聞こえるぢゃん。
亀井氏が一流の政治家では無い理由の1つがこれなんですよ。思慮があんま深くない。すぐカッカする。それが顔に出る。
かつて、首相にもなった橋本龍太郎氏もこのパターンの人でしたけど、まだ隠すだけの余裕みたいなものがあった。亀井氏にはそれは無い。

広島6区。注目の選挙区となりそですが、広島市民はどう判断するかな~。
自分とこの選挙区では無いので、楽しみに見れそうです。自分とこの選挙区だったらちょっと投票に躊躇ってしまう(笑)
変革を求めているのは事実だけれど、変革の使者がホリエモンでは・・・ん~~~^^;。
該当地区の方、敢えて私の考えは申し上げません。私もただの一有権者だし。判断楽しみに拝見させていただきます。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-20 07:15 | 日々

勘弁せぇよ

せっかく今年は真面目に参加しようとしてる、今回の衆議院選挙。
うちのお隣の選挙区になりますが、なんと福岡1区から自民党候補として堀江貴文ライブドア社長の名前が飛び出して来ました。

ばかじゃね~の?自民党



「無党派層を狙って」とのこと。言うに事欠いてホリエモンかよ。
まあ執行猶予中にも関わらず、「社民党候補」の看板掲げて立つ辻本清美や、控訴して裁判係争中の鈴木宗男が立つくらいなんだから、ホリエモンでも別によかろ~ばってんくさ。

最初に書いておきますが、堀江貴文という人物は、人間としては私は面白い人だと思うし、誤解を恐れず言えば、「破壊屋、企業屋としての堀江氏は大好き」だ。どちらかと言えば「支持派」であることは否めません。

ホリエモンは、確かに稀代の変人と謳われている小泉総理よりも遥かに変人だと思う。
だから、議員さんになったら、それなりに面白いことをしてくれるかもしれない。
そういう期待は、正直無いとは言い切れない。

でも冷静に「政治屋」として見た場合、私は一気に反対派に回ってしまう。

彼は「企業屋の社長」が基本だから、一連のライブドアの動き方を見ても、まず最初に自己の脳内完結を経て行動が先。という形式が多く、「広く国民に政策を問うた後実行に移す。」という政治家のスタイルには合わないと思う。下手すれば、できもしない公約で埋め尽くされるのが関の山。
彼は「政治屋」であるべきではない。というのが私の見解なんです。
まもっとも。政治屋の方が余程できもしない公約を垂れ流しているみたいですけど。

もっとぶっちゃけ言えば、勿体無いよ。
くだらん政治はジジイどもに任せておけば良い。たとえ堀江君が一人立ったところで、弱腰外交は変わらんし、教育制度も変化は無い。
絶対的なカンフル剤とはなり得ないのだ。なら政治に割いてる時間が勿体無さ過ぎる。
彼はもっと別のことをやって、新たなるサプライズを生んで欲しい。
そっちから逆に政治を動かすくらいのことをやって欲しい。
そもそも、堀江社長には残念ながら大いなる独創性は感じられない。
「日本で初めて」というモノが存在しない。実はあんま特異な事をやってのけてるわけではないのだ。

孫正義ソフトバンク社長の方が余程政治屋向きやろ。
人心の掌握には長けてるし、詐欺みたいな商売も得意。厚顔無恥やし(笑)

以上のことから、ホリエモンには出て欲しくないな~というのが本音。
もっとも、出ても入れんけど(w

話は全然変わりますけど、さて、どうしましょうか今晩の京王閣F1決勝。
せめて並びが解ればなぁ。。。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-17 11:55 | 日々

深夜の徒然 終戦記念日によせて(長文)

今日は1945年8月15日。天皇裕仁の「ご聖断」により、ポツダム宣言が受諾され、大東亜戦争が終った日です。
日本は60年前のこの日、敗戦という形で戦争の終結を迎えました。

そも、この戦争は何だったのか。
例によって、一部の人々にとっては、「中国への忌まわしき侵略戦争」。そして私自身、前にも書きましたが、元はド左翼。よって、それを長年信じて来た一人です。

でも、歴史で教えられなかった「戦争の発端」は別にあるのです。

私、こう教えられ、それを信じ続けていました。
「太平洋戦争の発端は、盧溝橋事件である。当時の日本軍は、中国への侵略をすすめ、北京周辺に5千人以上の軍隊を投入し、北京郊外の盧溝橋で演習中の発砲事件を口実に、中国全土へ侵略戦争を開始した。」

一般的にはこう言われていませんか?ところがこれ、大きな間違いなんです。

確かに、「廬溝橋事件」は、日本軍と支那・国民党軍の軍隊同士による軍事衝突です。
開戦の口実とされた発砲事件は、長くなるので詳細は書きませんが、当時の詳細を良く調べてみると、この開戦のきっかけとなった一発目の銃弾は、中国側からの発砲であると記されています。
もっとも、日本軍の軽機の空砲に驚いた支那兵が反射的に発砲してしまったというのが真相のようで、いわゆる「うっかり」が原因のようですね^^;

問題はその後です。

日本軍の当時のスタンスは、「戦線不拡大」。つまり、これ以上戦争は拡大しませんよ。というものでした。現に、盧溝橋事件の後、国民党軍との間に停戦協定が成立しています。

これを破ったのは、国民軍党です。それも、物凄く汚い、姑息なやり方で。
それが歴史教科書に記されていない、「通州事件」と呼ばれるものです。

インターネット時代ですから、検索かけるといっぱい出てきますよ(^-^)。

「通州事件」とは、1937年7月29日、北京の東方の冀東(きとう)防共自治政府の首都・通州で「中国人による日本人の大量無差別虐殺」が行われたというもの。
この「通州事件」は、「廬溝橋事件」の3週間後に起こりました。
当時、通州には「廬溝橋事件」の被害を受けて避難していた婦女子や朝鮮人(当時は日本国籍でした)を含む日本人居留民と軍人等200人あまりが居住していました。
通州には、日本軍の守備隊も駐屯してまいたが、主力が南苑攻撃の為、町を離れ、僅か110名の留守部隊しか残っていなかった所へ、支那保安隊千数百名が襲撃を掛けたのです。

支那保安隊は、多勢にものを言わせて日本軍守備隊を全滅させ、余勢を駆って、日本人居留民にも攻撃を仕掛けました。
彼らは、日本人居留民を通州城内に集め、城門を閉め、逃亡出来ないようにした上で、日本人居留民の住宅に火を放ち、女性はレイプしたた上で局部に丸太を突き刺す等して殺害、子供は両手・両足を切断し、男性には首に縄を巻き付けた上で引き回す等、非道の限りを尽くしたのです。
民間人への殺戮行為は、明確な国際法違反です。

それでも。それでも日本は反撃をしませんでした。
支那との全面戦争を避けるよう動いていました。
それに対し、支那は、8月13日、上海租界の日本人居留民を警備・保護する目的で駐屯していた日本海軍陸戦隊に対し、国民党正規軍20万人もの大戦力を持って攻撃。
警備を主任務とする海軍陸戦隊がそんなもん相手に持つわけが無い。
ついに、陸軍に派兵依頼が出されます。
8月15日、蒋介石は「対日抗戦総動員令」を発令します。
当然、日本国内の世論は、「支那憎し」で盛り上がります。それを受けて同日、日本軍は南京を空爆し、開戦したのです。

「南京大虐殺」。あったとも無かったとも言われるこの大量虐殺を、中国側は未だ謝罪せよと弾劾を続けています。

本当にそうなんか?俺ら日本人だけが悪いんか?
お前らの方が余程腐ったことやってんじゃねえか。ざけんじゃね~よコラ!
以前の日々罵詈で、「多分私も当時生きてたら云々」と書いたのはこのためです。

さて、そういう経緯を踏まえると、無差別大量虐殺は、国際法違反です。
終戦近く、そして現在もイラクに対して行われたのアメリカの無差別爆撃、これが正当なものなんだろか?予告無しに爆弾の雨降らすのが「正義」なんか?
それはてめえらの「正義」という「言い訳」にしか過ぎんのよ。
アメリカの秩序=世界の秩序ではない。

一番、国際ルールを破っているのは、他ならぬアメリカなんです。
沖縄本土決戦においてのアメリカの鬼畜ぶりは、目に余るものがありますし、原爆投下にしても彼らは予告無く、一般市民の上に核弾頭を落としやがったんです。
(長崎では、原爆投下の翌日に「新型爆弾」としてビラを撒布しています。)

まぁ、ただ1点反省点として。悲しいかな、「満州国」建設あたりから、日本は迷走を始めます。
この頃からは「侵略戦争」となって行きますね。残念ながら。

「敗戦」という経緯で、日本は抑え込まれましたし、日本国憲法成立時も、やはり国民自体が戦争に疲れていた。「永久軍備放棄」があの当時の本当に理想だったのだと思います。

この日本国憲法の草案を手掛けた、芦田 均は、第9条を草案する際、下記のようにしようという案もあったそうで。

制定された日本国憲法第9条は
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この、1と2を入れ替えてという案があったんだそうです。
1と2が入れ替わったら、まず永久軍備放棄を詠った上で、戦争を放棄するという事態になります。自衛隊合憲を提唱している人には、甚だマズイ文章になるんですね。
万が一、そうなっていたら「前項の目的を達するため」の条項が外れますから、自衛隊は完全に「違憲」(爆笑)
歴史のいたずらというか、何というか。ifが無くて良かったねという話です。

それから、小泉首相。今日は行ってちょ~だい。靖国神社へ。
日本の首相が日本の神社に参拝して何が悪い。
中国が何か言ってる?はぁ?治外法権じゃろ。というか、前の日々罵詈にも書きましたが、諸外国には、もう充分過ぎる程謝罪と保障はしたはず。
いつまで敗戦国で居るの?この国は。岡田君。あんたにも言いたいよ。

外国の連中には靖国建立の経緯なんてわかりゃせんし、英霊やA級戦犯を合祀していると考えるよりも、日本人にとっては、現在の日本の礎となった、戦争「被害者」が奉られてるんだから。
今の私らが、平和を考え、国際貢献を語れるようになったのは、彼らがあってこそ。

なんか支離滅裂になっちゃったけど、終戦記念日って色んなこと考える不思議な日です。
長文駄文、大変失礼^^;ごめんね。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-15 02:32 | 日々

深夜の徒然 右か左か

ブログというものは結構面白いもので、世相を反映するキーワードを埋め込むと、何故か多数の訪問者が訪れるという現象が起こりますね。

明日も引き続きお休みなので、深夜の徒然。
今回は、右翼、左翼について。

件の「天皇の戦争責任」を書いて以来、私も色々なブログを散見しました。
いやいやなかなか。結構色んな方が色んな意見を書いてて面白かったです。

そんな中でふと気がついたのが、殆どの方がいわゆる「右傾化」しているということ。
別に悪い意味で言ってるのではありません。
反共、反中国、反北朝鮮。国内では、反民主、反社会党、反共産党というのが大方の意見。
これも時代の流れだなあと、興味深く見てました。

「右翼は国益に影響を与える事は一切無い。左翼は国益に影響を与える、ひいては亡国の徒足りうる」。

右翼の主張は常識的に見ても実現不可能な事項が多い上、極論なため、民衆に理解されるまでに至らない。世論に与える影響は非常に少ない。
というか個人主義ですからね。国論をどのこのというより、まず個人ありき金ありき。
いわば資本主義の申し子みたいなもんです。
逆に、左翼の主張は団体交渉権を始めとする団体行動が基礎理論となっているため、直接的に国益や世論に影響を与えやすい。そら共産主義がベースですから。というのが私の個人的見解です。

ただ、右傾化といってもほんっとカワイイもんで、多くのブログで語られている反共は、朝日新聞を叩いたり、共産党を叩いたり、社会党に文句言ったり。と言った部分が大半を占めます。
でも、殆ど叩きに終始してて、中身が無いのねん。うちの罵詈雑言みたいなもん。
彼らは叩くことだけが目的であり、それによってどうこうという主張は無いからですね。
極端に言えば、叩くことで快感を得ているだけのナルシストに近いものがあります。
左翼を一所懸命叩いてますが、自分達がやってることが左翼と全く同じことだと気がついて無い分幸せかもしらん(笑)
でもまぁ、主義主張がある分、無気力では無いのでいいんじゃないかな~と。
読んでても面白いし。

靖国神社の公式参拝については、明日の徒然で書こうと思いますが、これについては賛否両論ですね。結構深読みしているブログもあって、これは展開が興味しんしん。

若い子が反共ってのは解りますよ。
彼らが生まれた時には(もちろん、もう私の世代も含めて)、不足、不便なんてものが全く無かったもの。生まれた時から何でもあった。
「勝ち取る」って言うヨロコビみたいなもんは皆無。
やれ平等だなんだと、そういう教育を受けて来てますからね。しょ~がない。
その教育に対しての反発みたいなもんが、大人になってから噴出してるよな感じ。
ところが、彼らが「アカ」と呼んで蔑む教師が生まれ育った時代、全共闘運動が華やかりし頃も、色んな論争があったらしいですが、文献をあさってみると、その時代の若者は、異常に飢えていたようです。まだ戦後の傷もやっと癒え始め、高度経済成長も中途で、日本がガツガツしてた時代ですし。
そんな中で、「自分達の権利や主張を、勝ち取るために闘う」というのが彼らの主張でした。
だから闘った。当時の左翼は、実は現在の右翼よりも遥かに行動力に長けている。本当に行動しちゃうんだから。しかもその活動のベースが、個人では無く団体だったから、なお一層、勢いがあった。

今は逆に、不満は内側へと向かっている状態。外側へはなかなか出てこない。
でもブログなんてものが出来て、顔を見ずとも討論ができるようになった。
ある意味良いことかもしれない。
これはもう時代の流れみたいなもんですから、止めようが無いし、止めようとも思わない。
大いに論ぜよ。というヤツです。

あ~。ただ主義主張は結構だが、他人の意見も聞いて、総合判断できる能力を身につけてくれ。自分が絶対みたいな異見が多すぎて、押し付けがましくてなんかムカツク(爆笑)
そらただのジコチューだ。
いや。オヤジの戯言だ。気にすんな。

その時代の考えを踏襲し続けているのが、現在の社会党です。
民主党はいつの間にか主義主張がごっちゃになって、大同合意で合体してますから、本流となる主義主張は存在しない、いわば、ハンパな政党です。

かといって今の自民党が信頼に値する政党であるか。と言われれば「?????」と?が5つくらい付きそうな政党です。

名相が居ない国だけに、瞑想を続け、迷走を続ける我が愛すべきこの国。
今度の選挙で果たしてどこへ行くんでそ。

結局私にとっても、他人事としてしか考えきれない人間になっているようですけど(苦笑)
皆で「自国に誇りを持てる国」を作って行きたいもんです。うん。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-14 03:22 | 日々

すかぱが来た

パーフェクTV以来になるので、実に7年振りに競輪ダイジェストを視聴(笑)
でもやっぱインターネットでゴール前とかの画像リプレイとかを見慣れているので、ちょっと違和感。まぁ、そのうち慣れるでしょ。

今回の契約で、2週間の無料視聴期間が漏れなく。
これって、すかぱとしては最大のサービスと思うんですけど、私にとっては大迷惑。

なんでかって言うと、午後に工事の人が来て、4時に工事終了。
私が仕事を終って帰ったのが午後10時。ふと見上げると、なんでか私の部屋の電気が点いてる。
おやぁ?消し忘れか?と思って部屋に行ったら、滅多に私の部屋なんかに来ない父が、タバコ吹かしながら、高倉健のヤクザ映画見てるし。。。。

うちの母に聞いてみると、工事終了後、ご飯食べに来た時以外、ず~~~~~~っと部屋でTV見てたらスィ^^;。。ずっと見てたんかい。。

うちの父は、元電器店を経営していた電器屋さんで、こういう新しいものには目が無い。
おまけに、ヤクザ映画、時代劇を始めとする邦画がも~大好き。

こりゃ居ない間はずっと見てるんだろうな。。。。^^;
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-08-12 23:59 | 日々