静岡G3-たちあおい賞争奪戦-第10レース S級特選

※PC版はこちら(笑)  

◆地元の大輔引き連れて、ここで逃げなきゃ男じゃないぜ!逃げてみせろ!エビ!!(予想評価:B)
※印は◎○×▲注の順(コメントは、「コンドル」誌より)
1 加藤 慎平 27 岐阜 81 S1 両
2 村本 大輔 30 静岡 77 S1 追
3 富   弥昭 34 山口 76 S1 両
4 遠澤 健二 40 神奈 57 S1 追
5 三宅   伸 36 岡山 64 S1 両
6 木村   勉 29 徳島 79 S2 追
7 海老根恵太28 千葉 86 S1 逃
8 小川   巧39 岡山 57 S1 追
9 市田佳寿浩30 福井 76 S1 両

【並び】 724 196 358

1加藤 「まだまだ公式行事が続いていますが、名誉な事なので。実質練習1日では。市田さんに任されたので実戦で脚を作りたいと考えています。自力・自在に。」-9市田 「落車は確かに痛いけど、幸い軽かったので練習はしました。慎平に任せてしっかり勉強させて貰います。」-6木村 「27番目で特選に乗れるとはラッキー。間があったので練習はしてました。中国の後ろは4番手になってしまうので、中部近畿の3番手に。」

3富 「この得点はたまたまです(笑)静岡は初めてなんですよ。岡山の2人に任された以上は気合入れての自力で。」-5三宅 「競輪祭の直後は思い切って休んで、それから乗り込んで来たので調子は変わらないと思いますよ。富が自力と言っている以上は。」-8小川 「今年は優出してないから、ここからがスタートと思っていますけど、前回が追加で中2日では・・・走ってみないとね。伸が居るなら無条件で。」

7海老根 「競輪祭の決勝は悔いは無いけど悔しさはありますね。まだG1を獲るには早かったんでしょう。逃げ切れる脚を作るしか。先行基本。」-2村本 「競輪祭の後に立川ダービーへ向けて宮古島へ仲間達と合宿に行きました。中4日だからぢ上部とは思いますけど、疲れだけが不安ですね。喜んで海老根君。」-4遠澤 「間隔も空いているし、状態としては悪くないですね。前2人はしっかりしてるので付いて行くだけですよ。」

1加藤-9市田というちょっと意外な中部近畿勢を、6木村が追走。
3富-5三宅-8小川の瀬戸内ライン。 
7海老根-2村本-4遠澤で地元南関ライン。の3分戦。

海老根は、結構村本に借りがあったりする。

あちこちの記念や特別で、逃げているエビが1着なのに、番手村本が4着だの5着だのに沈んだ事は数知れず。エビが捲り。ってのもあるんだけれど、逃げた時かんり援護して、車間切ってってやってるからだ。
これは、純地元の村本のために組まれたエビの恩返し&地元番組。

加藤の前受け、中団に富ライン、後方からエビライン。
もしくは、
加藤の前受け、エビの中団、後方から富の攻め。枠的に見ればこれか。

エビの得意は、捲り、カマシ。
抑え先行はあんまし巧いタイプでは無い。脚質を活かすのであれば、誰かに押さえさせておいての一気のカマシになりそう。

加藤は練習不足という事もあるし、初日特選で地元の大輔に競り込むような真似をする選手では無い。

富も中団キープでごちゃごちゃしたところを捲るのが得意な選手。
抑えるとすれば、後方の富。

【打鐘】

7海老根-2村本-4遠澤 
  3富-5三宅-8小川 
     1加藤-9市田-6木村

加藤としても、現在は「追捲」が脚質。
ならここは意地でも中団キープしたいところ。そうでないと、さすがにエビの逃げを7番手から捲るのは、並の先行屋でも至難の業。

なら中団が、もつれるのか、それとももつれないのか。
もつれてしまえばエビのペース駆け。

エビも本格先行屋では無いだけに、最終HSで流しそう。
ここで、浮いた富がどうするのか。が問題だ。

万が一、富がカマして出るような事があれば、エビとのもがきあいになってしまう。
もっとも、先行力では遥かにエビが上なので、最終主導権は取っている筈。
この時には

【BS】
     1加藤-9市田-6木村
        5三宅
           8小川
7海老根-2村本-4遠澤
                   3富

これなら楽々加藤の捲りは番手まで来る。
まずは1点目。この展開での番手=番手

2=9-68547

2点目は、加藤が練習不足、市田も本調子では無いだけに、中団富の場合。
ここはボックスで。
7258

最後に、エビがすんなりの場合ですが、これは書かんくてもお分かりのとおり(笑)
エビ。恩返しせい。見せ所だ。
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2006-02-08 23:40 | 競輪予想


<< 静岡G3-たちあおい賞争奪戦-... 静岡G3-たちあおい賞争奪戦-... >>