口火

本日、つい先ほどのYahoo!ニュースから。
=================================================
特殊法人改革、競輪・競馬など見直しに関係省庁反発

政府の特殊法人等改革推進本部参与会議(座長・飯田亮セコム最高顧問)が3日に開いた会合で、競輪、オートレース、競馬の公益競技法人の大幅な合理化を求める会議側と、これに難色を示す関係省庁が激しい応酬を繰り広げた。

会議側は、
<1>日本小型自動車振興会(オートレース)と日本自転車振興会(競輪)の統合
<2>日本中央競馬会の子会社や関連会社の統廃合と、地方競馬全国協会を改編しての「地方共同法人」の設立――を提案している。

小型自動車、自転車の振興会の統合については、事務経費などを節減し、長期的には的中車券の払戻金額を増やすなどの利用者サービスを向上させるのが狙いだ。競輪事業の資金が経済産業省の裏金問題の一因となっただけに、資金の流れをより透明にしたいとの意向もある。

競馬関係では、特に収支が悪化している地方競馬について、同会議は「地方単独の開催では限られた馬同士のレースとなり、魅力に乏しい」と指摘しており、地方共同法人の設立で地方競馬同士の交流レースを実現する狙いだ。

これに対し、両振興会を所管する経済産業省は「両振興会の業務はまったく異なっており、統合の効果は限定的だ。組織削減ありきの議論だ」と反論した。

また、日本中央競馬会を所管する農水省は、「研究・検討はする」と回答するにとどまった。

両振興会や日本中央競馬会などには、所管省庁のOBが数多く「天下り」しており、省庁側の抵抗には、「天下り先を確保したいためだ」との見方が根強い。年末の改革案のとりまとめに向け、同会議との綱引きはさらに激しくなりそうだ。
================================================

オートと競輪の施工者を統合し、最終的にはテラ銭にまで言及する内容。
地方競馬の場合は、競輪が良く行っているF2開催に似た内容にしようというものらしい。
競輪風に言えば、遠征勢VS地元勢みたいな競走になるのかしら。

しかし、経済産業省の言い訳が本当に言い訳がましい。「両振興会の業務はまったく異なる」。
そりゃそうだ。競輪とオートは全く違うものだし、ルールも異なる。
でも、「車券を買って的中を探す」という視点は全く同じもので、結果やってる事は同じギャンブルなんだから、上層部が統廃合したところで、なんら影響は無い。
というか、経済産業省は、「組織削減」をしなければならない状況に陥っている現状をどう理解しているのか。
バカとしか言い様が無い。

もうね、競輪事業は反論出来るだけの体裁は保っていないんだよ。
勿論、答申は自分達でも指摘してる通りの狙いだよ。「組織削減ありきの議論」だ。
職員を減らし、選手を減らし、グレードの高いレースを提供するっか、生き残る道は無かろう。
一度でもバンク内に足を運んで、現状を認識したか?周りを見てみろ?明日をも知れないジジイばっかだろ?
こんな現状を、赤字はたいて維持しろというのかな?
それこそ、この主張の中で本音の主張は、最後の4行だけが全て。
彼らが必死になって確保しようとしているのは、「自らの利権」だけでしかない。

統合の効果は大いにあるさ。
「無駄な職員が減る」これが効果で無くして何と言おう。

でも確実に、なんらかの形で口火は切られつつある様子。
大ナタを振るうなら今しかない。

経緯を見守って参りましょう(^-^)
[PR]
by hiroki_kuranaga | 2005-10-03 23:46 | 罵詈雑言


<< 赤ちゃん 向日町ひとこと >>